入社した会社がブラックだった!学習塾運営の闇と、転職の理由

創設間もない会社ですが、エネルギーにあふれ事業を全国に展開中です!

 

元気なキャッチコピーや企業プロモーション、会社見学の中で感じたバイタリティ。それが入社志願して合格し、私が就職した会社でした。

 

 

嘘や偽りはなかった

 

そこは教育業界で学習塾のマネージメントを手掛ける会社でした。

 

独自の集客方法で差別化し、加入者(塾生)を増やして全国に展開していっているとのこと。

 

企業の平均年齢も20代後半ととても若く、当然、エネルギーにあふれている「風」でした。

 

・・・その企業の実態を知るまでは。。。

 

モノは言い方。でもそれはちょっと・・・

 

就職して企業研修をうけて新人教育を受けていくさなか、早速疑問にぶつかりました。

 

独自の集客方法で差別化、そううたい文句を上げていた方法ですが、それは入社後皆がする作業とのことでした。

 

幼き日の私はわくわくしていましたが、それは何と・・・

 

玄関めぐりでの集客と勧誘

 

要するに、塾生を増やすのは人海戦術で地区のお宅1軒1軒を訪問し、指定された文章を読み上げる感じのセールスで学習塾への勧誘をするというものでした。

 

その時、上司の方が誇らしげに言ってました。

 

「直接のお宅訪問で勧誘しているのは学習塾業界でうちだけなんだ!」

 

要するに、昔ながらの方法・・・。

 

というか、そう提示したら誰も志願しないでしょうね、きっと。

 

企業の平均年齢も20代後半、それにも理由があった

 

さて、そんな玄関先営業のトークやしぐさなどをミッチリ叩き込まれた私は、いよいよお宅訪問へと伺うこととなりました。

 

それはまぁ、百歩譲っていいとして、その時に上司に衝撃的な一言を言われました。

 

「今日から1か月以内に10件のアポ取れなかったら、社員になれないから」

 

一瞬、耳を疑いました。

 

そうなんです。企業実習と名目られた1か月は完全ノルマ制の営業試験だったのです。

 

つまり、この1か月間に指定のノルマをこなさなければ社員になれず、クビが決定。。。

 

 

離職率には反映されない。でも若いには理由があった

 

もともと求人情報を見ていた時、企業の平均年齢が若いのに離職率が低いということを加味して志願したこの企業。

 

しかし、ふたを開けてみたら1か月間でのクビ確定が8割になるそうです(先輩から聞きました)

 

実はこの離職率、雇用前の研修期間に辞めた方は自主退職扱いとなり、離職率には反映されていないようでした。

 

そりゃ当然、在職者の平均年齢が若くてかつ、離職率の低い会社になるはずです(数値上の表向きは)

 

 

創設間もない会社。いえ、名前変わっただけです

 

衝撃の事実はそれだけではありませんでした。

 

もともと創設間もない会社とうたっていたこの会社。どうも資本や使用している教材等を知っていくにつれて実態があらわになっていきました。

 

そう、それは泣く子も黙るブラックなことで有名な出版会社。

 

前進の学習塾マネージメント会社があったのですが、このあたりの社員離れと企業研修の実態が口コミとして広まり、求人しても人が集まらないために再編(表向きは新設)したようでした。

 

 

ノルマをクリアしても先は・・・

 

バックボーンがブラック企業、今のこの会社はその資本も、人材も、実態も、すべて引き継いでいると知ったとき、転職を決意しました。

 

新卒で入っても、30代まで玄関先めぐりの営業。

 

しかも毎月のノルマ。

 

扱う教材は詐欺まがいな代物。

 

やりがいの「や」の字に疑問を抱くと、すべてのことに違和感を覚えるものですね。

 

 

石の上にも三年、でも石を選ぶことはもっと大切

 

石の上にも三年いれば暖まるという言葉もありますが、全部が全部そうなるとは限らないわけで…

 

ときとして、あきらめも肝心であり、暖めるべき石をきちんと精査することが大切になってきます。

 

人生一度きり。

 

入ってみないと分からないことも有りますが、その中でも最善の選択ができるようにいつも準備しておきたいものですね。


このページの先頭へ戻る