以前に利用して苦い経験をした経緯をお話しします

長年勤めていた日本の大手企業を退職する際、転職エージェントを利用した。会社というよりはほぼ個人でやっているようなエージェントだった。登録の際、面談で都内にあるオフィスを訪れた。業界には顔がきくらしく、幅広く人脈があるようだった。

 

こちらの要望を伝え、早急に案件を探し、提案してくれるように依頼した。数日ほどたって電話で連絡が来た。とある外資系の企業を紹介された。

 

元々こちらも興味をもっていた分野の仕事だったので、面接に行く事にした。一応エージェントなりの視点に立ったアドバイスをくれた。

 

何段階かの面接を経て、無事その企業に入社することになった。給与もアップした。しかし入社してみるといろいろと問題があることがわかってきた。外資系ならではなのか、その企業固有の問題なのか、社長以下、社員全般に問題があった。

 

とはいえ、入社を決め、仕事もスタートしてしまっているのでいまさら急に辞めるわけにもいかなかった。一応、エージェントにはその旨報告したが、特に何をしてくれるわけでもなかった。

 

結局一年ほどその企業に勤めたが、再度転職を余儀なくされてしまった。非常に苦い転職体験となり、これ以降転職エージェントに対しては不信感を抱くことになった。


このページの先頭へ戻る