失業保険も終わり焦っていた

私は以前勤めていた会社が嫌で、嫌でたまりませんでした。入社して依頼、社風の合わなさから早く転職したい転職したいと思っていました。始めは仕事をしながら探していましたが、残業が多かったりして面接の時間に間に合わなかったり、また同じ土日休みの会社から土日休みの会社に転職しようと思っていたので、休日に面接に応じてもらうのも難しい状況でした。しかもすぐにやめることができないとわかると落とされる可能性も高くなるというのを実感していました。そのため、ある程度期限を決めた上で転職活動を始めることにしました。

 

しかし、期限がすぎてもなかなかよい求人は見つかりませんでした。そして退職したら少しのんびりする予定もあったので、なかなか決まらないままでした。

 

始めのうちは、失業保険なども出ていたのですが、それがおわってもなお決まる気配がありませんでした。面接にいけば落とされたり、うかってもアルバイト採用のみだったりしました。

 

しかしこのままでは生活苦になってしまうし、就職しないよりはましだと思って、ハローワークで見つけた求人に応募することにしました。そうしたらその場で内定がもらえ、正社員ということもあり、そこに入社することにしました。実はそこまでやりたいと思える業界ではありませんでしたが、生活のためとこれまでの経験が多少生かせる職場であるということだけで決めました。

 

しかし、あまりキャリアプランを立てて入社した会社ではなかったので、とくに満足いくものではありませんでした。生活の保障はされるようにはなりましたが、前の会社よりも休日が少ない状況で、給料も少ないのです。どうしても嫌だった社風からは逃れることができましたが、その会社はその会社で独自の雰囲気があり、こちらもあまりなじめるものではなかったのです。せっかく転職したのに失敗したなと思いました。

 

しかし、入社してみないとわからないことは多いなと思います。そんな時ほど直感も大切にすることが重要だとも思います。例えば面接の時点で雰囲気が悪かったら入社しないということです。

 

そんなわけで、再び転職活動を始めることにしました。残業は少なかったので転職活動に時間を当てることができました。収入を確保しながら転職活動ができたので今度は安心して転職できましたが、焦って転職するのはよくないということがよくわかりました。

 

できれば在職中、無理ならアルバイトなど収入源をしっかりと確保した上で、よく自分と向きあって、あせらずに転職活動をすることをおすすめします。


このページの先頭へ戻る