経営企画に携われると聞いたのに

前の職場では経営に関連する職場にいました。決して専門的な知識が強いほうではありませんでしたが、周囲の助力もあってかなり経理や原価についての知識をつけることができて、次第に自分の持ち味だと言えるほどになっていきました。

 

しかし実家の都合で仕事を変えなくてはならなくなり、なくなくその会社を退職して、地元の会社に再就職することとなりました。地元でも同じように経営企画の仕事に就きたいと考えていたので、同じような職種を探して就職することができました。この不景気の中で採用してもらえたのはひとえにそれまで私が携わってきた経営企画の仕事に評価を与えてくれて期待しているのだと感じて、非常に入社当初はやる気があったのを覚えています。

 

しかし、いざ転職してしばらく経つと、決して経営企画の仕事を任せるために私を採用したのではないのではないかということに気付き始めました。やらされるのは経理の仕事の、特に若手がやるような伝票整理や仕分けの確認といったことばかり。

 

たしかに経営に必要な指標ではありますし、時にはもっと原価を扱うようなグラフなどの作成はお願いされることはありますが、それは私の分析能力をあてにしているのではなく、ただ単にエクセルの使い方がわからないという状態だからお願いされているのでした。要するに経理的な雑用役として今は扱われているので、やりがいもこの先への展望も何も持てないでいます。これはやっぱり転職に失敗したということなんでしょうね。


このページの先頭へ戻る