いざ入社すると仕事内容がぜんぜん違う…

数年勤めた会社から転職した時の失敗談です。私は、常に、キャリアアップの為に、資格取得したり、コンピューターや語学セミナーに通ったりして、スキルアップをしています。求人情報は、よくチェックしていたのですが、ある時、良さそうな求人を見つけ、面接した所、採用になりました。求人情報では、給与条件がとても良く、仕事内容も、前職の経験を活かしながら更にキャリアアップできる内容でした。

 

しかし、いざ入社してみると、ショックな事に、求人情報に記載されていた仕事内容は全くのでたらめでした。

 

「座って、好きな事してていいよ」と言われ、仕方なく、部の書類を読んで、部署の業務を理解しようと務めたりしていましたが、前任者もおらず、聞く人もいません。直属の上司に「なんでもいいので、仕事を下さい」と言っても「今頼む事がないから、待機していて下さい」で終わり。電話も殆どかかってこない為、席に座っているだけの時間が続きました。

 

あまりの事に耐えかねて、人事に相談しましたが、「女性社員は、綺麗な格好をして席に座ってるだけでいいよ」と話になりませんでした。

 

こんな状態でも、何故か給料はとても良かったのですが、元来、仕事にやりがいを求め、忙しいのが好きな私は、とにかく毎日が苦痛でした。結局、3ヶ月で辞めました。何度か転職経験はありますが、こんなに短期で辞めたのは初めてです。

 

前職の数年勤めた会社では、ある程度評価もしていただいていたので、転職しなければ良かったと大分長い間後悔しました。求人情報や、面接時の人事担当者の説明を鵜呑みにせず、しっかり質問したり、可能であれば社内の様子を見学させてもらうなど、気をつけるべきだと思いました。


このページの先頭へ戻る