女ばかりの職場は何かと厄介だった

3年ほど前、自分の希望であったデザイン系の事務所に転職しました。面接時、事務所に伺うと綺麗な女性デザイナーさんが4人働いており、社長だけが男性だったのですが女性のデザイナーさん達もとても丁寧に接してくれ、社長も物腰の柔らかな男性でしたのでこの職場なら長く働けるだろうと思っていました。

 

が、無事に面接も受かり、いざ勤務を始めてみると、素敵だと思っていた女性デザイナーさん達の中では4人しかいないのに派閥があり、表面的には仲良くしているのですが、その裏では悪口合戦が勃発していました。

 

その当時、私は新人でしたので、派閥に入る入らない以前にとにかく仕事を覚えたり職場に慣れる事で手一杯だったのですが、ある時、私がたまたま社長から支持されたプロジェクトが一人の女性デザイナーさんが元々担当していたものだったらしく、その後、その女性デザイナーさんの私に対する態度が激変。社長が事務所にいる時は、私に普通に話しかけたり愛想よくするのに、いざ社長が外出すると完全無視。

 

事務所内でコーヒーを入れても、私には声をかけず他の女性デザイナーさん達のみに声をかけたり、クライアントさんの所へのお使いの時には全く違う地図を渡されたりと細々した嫌がらせを始めたのです。嫌がらせが始まって1か月我慢しましたが、それでも収まらないので私も意を決して社内メッセにて理不尽だという事を彼女に伝えると、なんと彼女は私にここの仕事を辞めてほしいと言ってきたのです。

 

いい年をした女性が嫉妬に狂って姑息な嫌がらせをしてきて、しまいにはその相手を辞めさせたがっているという事実に衝撃を受け、その日はほとんど仕事が手に尽きませんでした。

 

結局、5か月ほど勤務しても彼女の嫌がらせは止まず、周りの女性スタッフも見て見ぬふりだったので社長に全てを話し、その一ヶ月後、退職させてもらいました。
仕事にも給料にも不満はなかったのですが、やはり社内の人間関係が悪いと精神的にも病んでくるので今は辞めてよかったと思ってます。転職する際は仕事内容、お給料、そして少人数の職場なら一緒に働く人達の性格、こういったものをしっかりと把握した方がいいです。それと共に、女ばかりの職場は伏魔殿のような物なので気を付けましょう。


このページの先頭へ戻る