転職する前に…

転職をする前に、自分がどの職業に向いているのか調べてみることをお勧めします。インターネット上に数多くの転職支援サイトが紹介されています。
支援サイトでは幾つかの質問に答えることによって、自分が向いている職業、向いていない職業を見つけることが出来るのです。画期的なシステムだと思いますね。自分が向いていない職業に就いたとしても、また転職する可能性が高いので、長い期間同じ所で仕事をしたいと考えているのであれば、自分に向いている職業を選びましょう。これをやってから転職を考えても遅くはありません。

 

やりたい仕事が自分に合ってない場合があります。そういった場合は諦めるか、向いていなくても努力して続けるかの2択になると思います。その仕事が好きなら、諦めずにやってみた方がいいかと思います。私は1度その経験をしています。向いていない仕事も、努力と根性があれば何とかなると信じてやるしかないでしょう!

 

その前の準備として転職についての基本的な知識をみにつけておくのが良いと思います。色々な角度から紹介していますので参考にしてみて下さい。

転職の入門ガイド / 転職エージェントランキング比較navi記事一覧

転職したい人と企業をつなぐ架け橋の様な存在なのが転職エージェントです。転職エージェントは、転職を考えている人のサポート役に回ってくれます。エージェントと言う言葉は、「代理人」という意味の英語です。ですから、転職エージェントとは転職を考える人の代理人なのです。転職エージェントが勤務している会社は、職業紹介事業会社や転職支援会社、人材紹介会社などです。人材紹介会社には良いイメージを持たない人も少なくあ...
転職を考える人は少なくなってきているとは言え、それでもやはり新天地を求める人たちはいるのです。では、いざ転職活動を始めようとする時、どのような心構えでのぞんだらいいのでしょうか。以下で説明します。【転職先に求める事】転職を考えている人は、現在勤めている会社に不満がある場合がほとんどです。会社の人間関係に悩んだり、サービス残業に悩んだり、給料に不満があったり…。その不満内容は様々だと思います。ですか...
転職エージェントは、複数登録をしておくことをオススメします。とても素晴らしい転職エージェントと出会えたとしても、担当になったキャリアアドバイザーによって、転職活動の成否が左右されることもあるからなのです。転職についての、アドバイスやカウンセリング・履歴書の書き方など、さまざまな支援を、直接行ってくれるのがキャリアアドバイザーとなるため、相性が合わないキャリアアドバイザーだったり、自分の利益しか考え...
正社員になれるかもしれない面接はとても緊張をするものです。第一印象は重要ですし、服装にも気を使わなければいけません。ポイントとなる項目をいくつか紹介をします。身なりについて・・・面接は指定が無い限りスーツを着用しましょう。また、スカートとパンツスタイルで言うと、スカートの方が清潔感があります。色は無難な紺やグレーが好ましいです。中に着用するブラウスはノリの効いている綺麗なものを選びましょう。面接感...
一人の力では難しい転職活動も、転職エージェントに相談すればスムーズに進む場合もあります。現在、転職したい人のための求人サイトが増えてきています。その様な求人サイトに登録するだけで、転職エージェントからのアドバイスを受けられる事ができるのです。インターネットが世の中に浸透し始めてから何年も経ちましたから、求人サイトの情報量も馬鹿にできません。とくに、働きながら転職活動をする方によって、求人サイトは便...
女性は転職の際に年代によって採用をする側に違いがあります。まずは20代の転職です。若い頃は特に自分の目指すビジョンも無く仕事をしている人がほとんどです。年数や経験が少ないため、大きな仕事をすることもめったにありません。ですので採用をする側としては、育てなければいけないと言うデメリットがあります。また、結婚適齢期に近いため、すぐに辞めてしまうのではないかと思われることもあります。せっかく仕事を覚えて...
転職エージェントでは、担当になったキャリアアドバイザーによって、転職を進めていきます。中には、ダメなキャリアアドバイザーや、相性が合わないキャリアアドバイザーの場合も…。そのような場合には、転職エージェントに掛け合って、担当を交代してもらうことも可能です。転職エージェントを利用しても、役に立たなかったという方々の中の大半が、キャリアアドバイザーへの不満を口にしています。このような方々は、キャリアア...
昨今、人材紹介、人材派遣、と呼ばれる雇用形態は、社会に大きく浸透しており、就職活動、特に転職の際には人材派遣を選ぶ人も多くいます。一般にエージェントとも言われている人材派遣会社というのは、企業と求職者の橋渡しの役割を担っています。つまり、企業側がのぞむ人材を集め、採用し、企業に派遣をするという形です。誤解されがちですが、求職者は実際に働く会社では無く、派遣会社に雇用されます。そもそも企業側のメリッ...
転職エージェントには、ブラック企業はないのでしょうか?残念ながら、転職エージェントにも、ブラック企業と呼ばれる、過酷な待遇を強いる企業が存在します。その前に、ブラック企業とは、どのようなものなのでしょう。過酷な労働条件・毎日10時間以上の勤務。・残業代が付かない。・休日が極端に少ない。・労働基準法を下回る賃金。大まかにあげると、このような条件となります。下請けのIT企業や外食関連・訪問販売系の企業...
転職エージェントを利用するときの、デメリットは何があるのでしょう。手間がかかる複数の転職エージェントに登録している方は、その都度、各転職エージェントへ面談に行き、過去の職歴などを答えなければいけません。転職エージェントによっては、電話での面談や、スカイプなどでの面談も行っているところもあるので、相談してみるとよいでしょう。混乱してしまうことも転職エージェントごとの、担当コンサルタントとのカウンセリ...
転職する際に、資格があると、何も資格を持っていないよりは役に立ちます。中でも、難しい資格を持っている方が、スキルの面だけでなく、難しい資格を努力して成し遂げられる人という面が大きな評価となるのです。書類選考において、持っていれば大丈夫という資格や、書かないよりはあった方がマシという資格まで、さまざまな資格があります。役に立つ資格の、最低条件は2つ。■知名度が高い■取得が難しいこの2つを満たしている...
転職を考えてはいるけれど、転職して本当に良いのだろうか?転職は悪いことだろうか?と思い悩んでいる人は多いと思います。良いか悪いかは、転職する理由によると思います。転職を考える理由は、人それぞれですが、例えば人間関係だったり、今の会社の仕事に魅力を感じないという事だったり、他にやりたい事がある、もっと年収が上がる仕事がしたいなどなど、色々だと思います。転職には、やはりそれだけでマイナスのイメージがあ...
1935年頃から、バブルがはじける頃まで、日本は終身雇用や年功序列による雇用形態をとっていました。明治時代から大正時代中頃までは、むしろ転職する人も多かった様ですが、時代が戦争へと移り変わるにつれ、軍隊から帰還した兵士を失業させないために、政府が雇用の制限をした事から、終身雇用制度は、始まったという説があります。実際には、1960年代の高度経済成長と言われる時期に、大手企業が一流大学を卒業し就職し...
転職を考えている人にとって、いつ転職したらいいか、その時期について悩んでいる人は多いと思います。新卒採用が活発な2月から4月だと、中途採用は難しいと考えがちですが、一概にそうとも言い切れません。企業にとっても新卒採用者と一緒に研修が出来るというメリットがありますので、中途採用も募集している事があります。また、年度末や期の変わり目は、移動が増える時期ですので、求人が一年でもっとも増えます。それだけに...
職種も選びたいけれど、できれば働く場所も希望に合っている事が、職を探す多くの人の基準だと思います。地域を限定して転職先を探す事は可能ですが、地域によって盛んな産業が違いますので、自分に合った求人が多くある所で職を探す事がポイントになります。例えば、専門職、技術職、事務職、管理職などが多いのは関東南部地域になります。北海道、東北、四国、九州地方では、自然を活かした農林水産業が盛んです。トヨタなどの自...
職を探す際に、求人誌や求人サイト、ハローワーク、エージェントなど様々あります。そもそも、エージェントとハローワークとの違いは、何かと申しますとハローワークへの求人掲載料は無料で、エージェントは有料になります。ですので、どんな仕事も、例えば、良く無いケースですと労働基準法を満たしていないような企業でも、ハローワークによる審査をされることなく求人を出せますので、質の良く無い企業の求人が多くある事も事実...
少し前まで日本は、日本独特の風土により、最初に勤めた会社に定年になるまで努め続けるという人がほとんどでしたが、現代の日本では、企業側は正社員よりも人材育成に手間がかからない派遣社員や賃金が安くて済むパートタイマーを好んで雇用するようになりましたし、高校や大学を卒業したいわゆる新卒でも、やりたい事をやるために、正社員として勤めるのではなくフリーターを選ぶ人も増えましたので、昔とは就労状況が大きく変わ...
日本における転職事情も厳しい物がありますが、海外での転職事情はどうなっているのかを、お話し致します。日本では、新卒採用がもっとも就職しやすいとされていていますが、昨今では、生涯一社だけに勤めるという意識もほとんどなくなり、入社して数年で辞める人も増えたため、企業も積極的に中途採用をするようになりました。経済においても文化においても、世界的に大きい影響を及ぼし、日本とは日米同盟により切っても切れない...
不況や不景気は何も日本だけの問題ではなく、世界同時不況などとニュースや経済学者によって騒がれています。そのせいもあり、やはり求人倍率は、未だ低いままですが、求人倍率の高い業種も、実はあります。特に転職による求人倍率が高い業種はクリエイティブ系です。現代、ツイッターやfacebookなどのソーシャルネットワークと呼ばれるサービスが社会に大きく広まり、またスマートフォンやipadなどの登場により、生活...
よく聞かれる、第二新卒という言葉ですが、第二新卒とは、新卒で入社した会社を3年以内に退社した人のことを指します。現在の社会では、転職ということそのものがありふれており、あまり転職そのものに関してマイナスな考えはなくなってきている傾向にあります。第二新卒者は、新卒者に比べると、社会人経験1〜3年あるということもあり、重宝されがちですし、新卒を入社させて一から指導させる、見込給料を払うよりも、即戦力と...
現代では転職を考える人がほとんどと言う程、転職は身近になっていますが、勤続年数が短い場合、転職は難しいのでしょうか?やはり、数ヶ月で辞めて、就職先をころころと変えている場合は、厳しいと言えます。2年程勤めた上での転職であれば、採用担当への印象は変わります。新卒採用で3年以内に転職を考えた場合はどうでしょうか?3年勤めて一人前と言われていますが、企業側も最近は第二新卒採用を活発に行っている様です。第...

このページの先頭へ戻る