転職ってネガティブなことなの?

転職を考えてはいるけれど、転職して本当に良いのだろうか?転職は悪いことだろうか?と思い悩んでいる人は多いと思います。良いか悪いかは、転職する理由によると思います。転職を考える理由は、人それぞれですが、例えば人間関係だったり、今の会社の仕事に魅力を感じないという事だったり、他にやりたい事がある、もっと年収が上がる仕事がしたいなどなど、色々だと思います。

 

転職には、やはりそれだけでマイナスのイメージがありますし、安易に職を変える事は、この人を雇ってもすぐに辞めてしまうという印象を与えてしまいますので、後々、就職先を探す事を困難にしてしまいます。

 

後悔の無い転職をする為には、まず、自分がなぜその会社を辞めたいのかという事を、明確にする必要があります。人間関係だけの理由であれば、職を変えた所で解消されない可能性もあります。転職する事で何を得たいのか、何を解消させたいのかを明確にして、それらを得られる転職をする事が大切です。

 

仕事へのやりがいが見いだせない、上司と合わない、もっとスキルアップのできる仕事がしたい、以前からやりたいと思っていた事をやっぱりやりたい、仕事が苛酷すぎてこのままだと体調を崩してしまうなどなど、仕事を辞めたい理由は、それぞれですが、その場の感情で辞めて転職しても、次の会社でまた同じような悩みを抱える事になってしまっては、転職をする意味がありません。

 

もし辞める理由が上司や人間関係であるなら、もしかしたら、自分自身の考え方や態度を改める事で、問題が解決になる場合もあるかもしれません。そのような悩みを持った人の為に、上司とうまく行く方法や、人間関係をうまく行かせる為にはという様な本が、書店に行くとたくさん並んでいます。

 

また、信頼出来る上司、同僚、またプライベートな友人や親、兄弟などに相談する事も大切です。自分とは違った考えを得られたり、ただ共感を得られるだけで心が安らいだりする事もあります。後悔の無い転職にする為に、本当に転職することで、今まで悩んでいた事が解決されるのかを、よくよく考えてから、新しい就職先を探したり、転職に望んで欲しいと思います。


このページの先頭へ戻る