絶対にブラック企業には気をつけよう!

転職エージェントには、ブラック企業はないのでしょうか?

 

残念ながら、転職エージェントにも、ブラック企業と呼ばれる、過酷な待遇を強いる企業が存在します。その前に、ブラック企業とは、どのようなものなのでしょう。

 

過酷な労働条件

・毎日10時間以上の勤務。
・残業代が付かない。
・休日が極端に少ない。
・労働基準法を下回る賃金。

 

大まかにあげると、このような条件となります。下請けのIT企業や外食関連・訪問販売系の企業に多く見受けられる傾向があり、いわゆる大企業と言われている会社でも、このようなブラック企業が存在します。

 

求人の中から、ブラック企業を見つけるのは難しいと思われがちですが、意外と簡単に見分けることができます。

 

年中求人を出している。

年中求人を出しているということは、それだけ離職率が高いということになります。良い企業であれば、スタッフの定着率が高くなるので、年中求人を出すことはしません。急成長していたり、成長過程の企業以外で、年中求人している企業は、離職率が高いブラック企業と疑ってもよいでしょう。

 

求人数が、社員数よりも多い。

ブラック企業は、離職率が高いため、既存の社員数よりも多くの求人募集をしている企業は要注意です。

 

悪い噂やクチコミが多い。

ブラック企業かどうか、応募をする前に一度「○○(企業名) ブラック」や「○○(企業名) 評判」などのキーワードで検索をしてみるとよいでしょう。

 

ブラック企業は、中小企業よりも大企業になればなるほど、多く存在している傾向になります。こんなに有名な企業なのに?という企業の中にも、ブラック企業は存在しています。

 

簡単さや、高報酬だけ強調

仕事内容が簡単で、高報酬という内容だけの求人には注意してください。

 

上記のような求人には注意が必要です。
楽して高報酬を得ることができる仕事は、ほぼ無いと思っておいた方がよいです。


このページの先頭へ戻る