第二新卒とは

よく聞かれる、第二新卒という言葉ですが、第二新卒とは、新卒で入社した会社を3年以内に退社した人のことを指します。現在の社会では、転職ということそのものがありふれており、あまり転職そのものに関してマイナスな考えはなくなってきている傾向にあります。

 

第二新卒者は、新卒者に比べると、社会人経験1〜3年あるということもあり、重宝されがちですし、新卒を入社させて一から指導させる、見込給料を払うよりも、即戦力として期待できる、第二新卒者を採用する会社もあります。

 

どちらの考えがいいと、優劣をつけるつもりはありませんが、第二新卒の転職が難しい世の中ではないことは確かなのではないでしょうか。就職氷河期と言われる現代において、就職先が決まらず、就職浪人をする人も珍しくありません。

 

しかし、だらだらと不安定な就職浪人生活を送るのではなく、興味が少し薄くても、内定をいただくことのできた会社に入社してみて、働いてみるのはどうでしょうか?

 

社会人としての基本的なスキルを身に着けた後、第二新卒者として、新たな一歩をスタートさせることも可能です。今の時代、第二新卒者を優遇する企業もたくさんありますし、夢を追う気持ちを大切にしてみてもよいかもしれないですね。

 

企業としては雇いたいのか?〜第二新卒者の転職状況

第二新卒者を企業としては雇いたいんじゃないかと私は思います。なんせ、企業の中で一番面倒な新入社員研修のようなものを省けますし。この初期の研修をしなくてもいいのはメリットですよね。社会人としての基本を叩き込まれた状態で一度は働いているわけですから。社会人のイロハって教えるの大変ですからね。あと、一度は何かしら経験をしているので、学生とはやはり違った考え方も持ち合わせている可能性も高いです。

 

ただ、さきに就職していた企業での人間関係が上手くいかなかったことや、思っていたことと違って退職している若者が多いと聞きますので、そういった部分でのマイナスがあるのも事実です。

 

企業としては、第二新卒でしかもモチベーションが高いというか、自己啓発能力が備わっている人材を探していると思います。私が知る限りでは、新卒の若者より、第二新卒の若者の方が、コミュニケーション能力は高いと思います。きっと前職でしっかり叩き込まれたんでしょうね。

 

転職には絶対有利だと思いますので、第二新卒の方はなるべく早く就職活動を進められるとうまく事が運ぶと思います。これは私がキャリアコンサルティングをしていて感じたことです。自分の力を信じて、しっかりと売り込んでいって欲しいと願います。


このページの先頭へ戻る