転職エージェントを利用するとこんなデメリットが!?

転職エージェントを利用するときの、デメリットは何があるのでしょう。

手間がかかる

複数の転職エージェントに登録している方は、その都度、各転職エージェントへ面談に行き、過去の職歴などを答えなければいけません。転職エージェントによっては、電話での面談や、スカイプなどでの面談も行っているところもあるので、相談してみるとよいでしょう。

混乱してしまうことも

 

転職エージェントごとの、担当コンサルタントとのカウンセリングで、正反対のことを言われたり、違うことを言われたりして、混乱してしまうこともあります。

 

特に、人の意見に左右されやすい方や、人のアドバイスを参考にして、意志決定をしてしまう方には、その傾向が強いようです。キャリアの悩みが、解決するどころか、反対に悩みが増えてしまうこともあります。

煩雑なやりとりが増える

これも複数の転職エージェントに登録している場合、それぞれの担当コンサルタントとのやりとりをする必要があり、同じようなことを転職エージェントの数だけやらなければいけません。

 

1社から、面接日の調整を行っている場合、その日程が決まらなければ、他の転職エージェントの面接日を決められないなど、スケジュール管理が得意な方で無い場合、煩雑なやりとりに対応できなくなってしまうこともあります。現職をしながら、転職活動をしている方には、ストレスに感じてしまうこともあります。

相性によって差が出る

転職エージェントを利用するときには、担当になったコンサルタントによって、成否に差が出てくることがあります。また、担当コンサルタントも同じ人間なので、相性が合わないと転職の成否にも影響してしまいます。担当コンサルタントとの、付き合い方も転職に左右が出るといっても過言ではないでしょう。


このページの先頭へ戻る