色々な角度から転職エージェントの特徴を調べて自分に合うか見極めよう

昨今、人材紹介、人材派遣、と呼ばれる雇用形態は、社会に大きく浸透しており、就職活動、特に転職の際には人材派遣を選ぶ人も多くいます。

 

一般にエージェントとも言われている人材派遣会社というのは、企業と求職者の橋渡しの役割を担っています。つまり、企業側がのぞむ人材を集め、採用し、企業に派遣をするという形です。誤解されがちですが、求職者は実際に働く会社では無く、派遣会社に雇用されます。そもそも企業側のメリットとして、業務の一部だけ、例えば、単純な入力作業だけや、忙しい時間帯を補いたい、専門知識を持ったエキスパートが欲しい、などの細かい要望にあった人材を、エージェントを利用する事で、自ら時間を割いて探す事無く、欲しい人材を探す事が出来ます。

 

求人側のメリットとしては、エージェントは企業側の希望に合った人材をたくさん集める必要がありますので、集まって来た人材を育成するため、研修やスキルアップの勉強会などを開き、自ら求職者を教育する場合があります。

 

他にも、求職者にとってのメリットは、決まった時間でしか働きたく無い、残業は出来ない、自分の好きな仕事だけをしたいなどの、細かい要望にそった形での仕事を探す事が出来ます。

 

求職者と企業の橋渡しをしているのがエージェントですので、どんな企業へ派遣をしているのかという事を見極める事で、エージェントの質が分かります。たくさんの企業へ派遣をしているエージェントであれば、それだけ、たくさんの仕事を抱えていますので、いろいろな仕事を経験するチャンスが増えると言えます。

 

自分がやりたい仕事が専門職であれば、専門職に強いエージェントを探したり、大手企業で働いてみたいという希望であれば、大手企業より依頼を受けているエージェントを探すなど、まずは自分自身が何をしたいのかを見極めて、それにあったエージェントを探す事が、数あるエージェントの中から選ぶポイントになると思います。

 

多くのエージェントが、どんな求人に強いかという事をホームページに謳っていますので、それを参考にしたり、面接時に聞くなどして情報を集めると良いと思います。


このページの先頭へ戻る