転職エージェントの役割はハローワークとどのように違う?

職を探す際に、求人誌や求人サイト、ハローワーク、エージェントなど様々あります。そもそも、エージェントとハローワークとの違いは、何かと申しますとハローワークへの求人掲載料は無料で、エージェントは有料になります。ですので、どんな仕事も、例えば、良く無いケースですと労働基準法を満たしていないような企業でも、ハローワークによる審査をされることなく求人を出せますので、質の良く無い企業の求人が多くある事も事実です。

 

一方、エージェントは、国の定める一定の決まりの元で、企業と求職者との橋渡しをしていますし、採用の際には雇用形態についてきちんとした契約を交わしますので、定められた仕事以外を強いられる事はありません。

 

ただ、派遣社員は、期間が満了する事で仕事が終わってしまったり、契約期間を延長したりと、常に契約期間が決まっていますので、仕事が無くなると言う危機感がついて回ります。ですが、企業から認められた派遣社員の場合、派遣社員の時より良い条件で正社員になることもある事ですので、一概に派遣社員が良く無いとも言えません。

 

また、エージェントでも正社員の求人を扱っている場合があります。必ずしも派遣社員ばかりの求人とは限りません。

 

ハローワークは、厚生労働省が設置する職業斡旋所で、エージェントは正式名称は有料職業斡旋所で、厚生労働省から許可を得た職業を斡旋する民間の会社をさします。ハローワークは、自分に合った仕事の紹介や相談もしてくれますが、あくまでもお役所仕事ですので、その場限りの相談という事になりますが、昨今のエージェントでは、ただ就職先を紹介するというだけでなく、キャリアコンサルタントによる就職相談ができたり、面接の指導、履歴書の書き方など様々な求職者へのケアをしている事があります。

 

また、エージェントの場合は世間に出回っていない求人を持っている場合もありますので、しっかりと自分に合った就職先を見つけやすいと言えるかもしれません。


このページの先頭へ戻る