面接に臨む際の心得やマナーについて

正社員になれるかもしれない面接はとても緊張をするものです。第一印象は重要ですし、服装にも気を使わなければいけません。ポイントとなる項目をいくつか紹介をします。

身なりについて・・・

面接は指定が無い限りスーツを着用しましょう。また、スカートとパンツスタイルで言うと、スカートの方が清潔感があります。色は無難な紺やグレーが好ましいです。中に着用するブラウスはノリの効いている綺麗なものを選びましょう。面接感は意外と細かい部分もチェックをしています。

 

髪形は、すっきりと一つにまとめる等して、清潔感をアピールしましょう。髪の色はダークブラン程度であれば問題はありませんが、ライトブラウンの人はクラック染めた方が好感度が高まります。

 

また、マニキュアやアクセサリーは派手なものは避け、男性は髭を剃った方が良いです。あまり印象に残るような恰好は避けた方が受かりやすいと言えます。

面接に向かう姿勢

第一印象は大切なので、背筋をぴんと伸ばして元気よく入りましょう。質問をされてことにはもじもじしないで、解らなくてもハキハキ答えた方が印象が良いです。また、携帯の電源は必ず切って、時間に遅れないように少し余裕をもって行動をしましょう。

面接時の態度について・・・

手はいつも同じところに置き、ふらふらとさせてはいけません。間違っても、足を組んだり貧乏ゆすりをしてはいけません。話を聞くときは、相手の目を見るか相手のネクタイの部分を見ます。そして自分が話をする時は、相手の目を見て話をしましょう。

 

話をする時は髪をさわりながら話したり、髭を撫でると言った自然に出てしまう癖に注意をしてください。とても不愉快な印象を与えます。退室をする時は、お礼を言ってドアに向かい部屋を出る際にもう一度礼をします。間違ってもお尻を見せたまま退出をしてはいけません。

 

最低限のマナーを守って面接に向かいましょう。


このページの先頭へ戻る