日本国内での転職事情を紹介します

少し前まで日本は、日本独特の風土により、最初に勤めた会社に定年になるまで努め続けるという人がほとんどでしたが、現代の日本では、企業側は正社員よりも人材育成に手間がかからない派遣社員や賃金が安くて済むパートタイマーを好んで雇用するようになりましたし、高校や大学を卒業したいわゆる新卒でも、やりたい事をやるために、正社員として勤めるのではなくフリーターを選ぶ人も増えましたので、昔とは就労状況が大きく変わったと言えます。

 

また、昔の様に、職を変える事が恥ずかしい事に思われていた時代は、我慢して働き続ける事が当たり前でしたが、今は、様々な理由から転職をする人が増えています。転職の理由で最近増加傾向にあるのは、幅広い知識や経験を積みたい、現在の会社では昇進が望めないなどです。

 

特に景気が悪化すると、勤めている会社や業界に対する先行きの不安感からも転職をする人が増えます。昨今の不景気により企業側も昇進や昇給のスピードを抑えたり、ボーナスの支給を控えるなどの対策を行っていますが、そのような職場環境の悪さが、転職を考える要因になっているようです。

 

また、いつの時代も変わらない転職の理由としては、職場の人間関係があげられます。 転職をする事が当たり前になりつつある現代ですが、20代後半の人材は企業側も好んで採用する傾向にあります。20代後半は、社会人としてのマナーなどが備わっており、最初から教育する労力を費やさなくて済むからです。ですから、20代であれば、未経験の仕事でもトライするチャンスがあります。

 

しかし、30代になると、ある程度の経験を積んだ、いわばスペシャリストと言える様な、即戦力となるスキルを求められてしまいます。ですから30代から歳を経るごとに、しっかりとした技術を身につけていないと転職は難しくなって来ます。何かの技術を身につけている場合は、他業種でも採用される可能性はあります。

 

ころころと転職をする事は、それだけ転職をする可能性を狭めてしまいますので、現在の勤め先でしっかりとした技術を身につけることが、おのずとたくさんの転職の可能性を広げる事になります。


このページの先頭へ戻る