職種ごとに転職の活発度合いが違う?

不況や不景気は何も日本だけの問題ではなく、世界同時不況などとニュースや経済学者によって騒がれています。そのせいもあり、やはり求人倍率は、未だ低いままですが、求人倍率の高い業種も、実はあります。特に転職による求人倍率が高い業種はクリエイティブ系です。

 

現代、ツイッターやfacebookなどのソーシャルネットワークと呼ばれるサービスが社会に大きく広まり、またスマートフォンやipadなどの登場により、生活においても仕事の環境においても、webへの依存率がますます高まっているため、web業界を中心とする技術者や、クリエイターの求人が増えているのが要因です。

 

パソコンやネットワーク環境はますます進歩する事が予測されますので、時代の進歩に対応しうる人材は、これからも求められて行く事になると思われます。IT業界のふるった求人状況や、昨今の転職への意識の高まりからか、コンサルティング業界、人材派遣、などの人材ビジネスも転職による採用が活発です。

 

また、景気に作用されない業界、特にメディカル業界は、法改正により外資系産業も参入し市場が拡大したため、活発に求人を行っています。大手企業では、リーマンショックにより採用を控えたために、人材不足が起こり、二次採用をする動きが見られる様です。そして、外資系金融業界では、人件費を削減するため、給与を高望みしない人材の獲得に乗り出している様です。

 

昨年起こった東日本大震災による影響で、建築、土木関係の需要も多く、耐震構造へのリフォームや施行の受注が大幅に増えたため、求人も右肩上がりに上がっています。今後、求人倍率が上がると見込まれる業種は、不動産業界です。先日、消費税率が2014年4月から8%に上がるという法案が閣議決定されたため、特に高い買い物である不動産への購買意欲が増していますので、不動産業界は忙しくなると思われます。

 

不況のせいもあり、どの業界にも言える事は、技術を持った優れた人材の獲得にとても力を入れています。これといった技術やスキルを持っている人は、多くの企業からの需要がありますので、転職にはとても適しており、より良い条件の仕事を探すことができます。


このページの先頭へ戻る