海外では「転職」がどのように扱われるのか?

日本における転職事情も厳しい物がありますが、海外での転職事情はどうなっているのかを、お話し致します。日本では、新卒採用がもっとも就職しやすいとされていていますが、昨今では、生涯一社だけに勤めるという意識もほとんどなくなり、入社して数年で辞める人も増えたため、企業も積極的に中途採用をするようになりました。

 

経済においても文化においても、世界的に大きい影響を及ぼし、日本とは日米同盟により切っても切れない縁となっているアメリカの転職事情はと申しますと、やはりアメリカは実力が物を言う社会だそうです。学歴や年齢というよりは、どのようなキャリアを積んで、どんな仕事が出来るのかという事がもっとも重要視されます。

 

小話ですが、NYでは日本人女性の求人が多いという話を聞きました。日本人の仕事に対する姿勢は、たくさんの人種が集まるアメリカの中でも、評価されている様です。勤勉さ、真面目さ、残業に対する抵抗の無さなど、日本独特の勤務態度は、アメリカの企業にも認められている様です。

 

最近は、韓流ブームや韓流アイドルのブレイクなどで一気に距離が縮まった感のある韓国ですが、やはり日本と同じく新卒一括採用をしています。韓国では2009年に年齢差別禁止法が施行され、年齢を理由に雇用に対する差別をする事が禁止されました。そのため、募集要項に年齢を制限する事が禁止になっています。

 

しかし、実際は雇用者が採用する時に年齢を考慮するので、なかなか現実としては難しいと言えます。中国での転職事情はどうでしょうか?中国は人口も多く、発展も目まぐるしいため転職しても職があると思われがちですが、実際は高い技術力を求められるため、海外の優秀な技術者などにその職を奪われがちです。

 

そのため、中途退社後に自分自身で会社を立ち上げる人も多い様です。個人事業を行っている人が多いと言う例えで、「石を投げれば、社長に当たる」といわれているぐらいだそうです。

 

ヨーロッパの転職事情は、どうでしょうか?ヨーロッパでは、新卒採用と言う概念は無く、大学での専攻を生かせる職に就き、もし転職するとしても、また同じ職種に就くそうです。そのため、大学を選んだ時点で、生涯の職を選ぶとも言えます。転職事情も、国によってさまざまで、日本人が世界で働く事も歓迎されている様ですので、そのためには技術とある程度の英語力、そして新しい事を恐れない強いハートが必要だと思われます。


このページの先頭へ戻る