転職するのにぴったりの時期ってあるの?

転職を考えている人にとって、いつ転職したらいいか、その時期について悩んでいる人は多いと思います。新卒採用が活発な2月から4月だと、中途採用は難しいと考えがちですが、一概にそうとも言い切れません。企業にとっても新卒採用者と一緒に研修が出来るというメリットがありますので、中途採用も募集している事があります。

 

また、年度末や期の変わり目は、移動が増える時期ですので、求人が一年でもっとも増えます。それだけに多くの求職者が就職活動に動く時期でもありますので、ライバルが増えてしまいますが、逆に言うと多くの企業を選ぶチャンスになります。業績の良い会社であれば、常に様々な人材を必要としていますので、時期を選ばず求人をしている事もあります。

 

転職をするのに適した年齢ですが、企業側は、社会的な一般的業務をこなす能力を備えた20代後半を採用する傾向にあります。30代になってしまうと、一般的な業務に加え専門知識を要求される様になりますので、30代での転職は、専門的な技術を身につけている場合でないと難しくなって来ます。

 

転職を考えて、スキルアップの為に資格を取る事を考えた場合、辞職してから学校などに通うのではなく、就職しながら資格を取得した方が良いと思われます。次の仕事を探した時に、前職とのブランクがある事で、マイナスのイメージを与えてしまい、不利になる事があるからです。できるだけ、就職活動期間は、2ヶ月から遅くとも6ヶ月の間にしましょう。

 

長い期間、ブランクがある事はそれだけで、就職に不利になりますので、短期集中型で転職に望む事が大切です。また、一度転職をしてしまうと、何度も転職を繰り返しがちです。

 

あまり多くの転職をすることは、それだけでマイナスイメージにつながり、希望の仕事に就く事が難しくなりますので、転職や、企業を選ぶ時は、慎重に行った方が良いでしょう。

 

以上をふまえて、転職に適した時期は人それぞれですが、転職を決めたら、長い期間悩むよりも、自分が本当に何をやりたいのかという事と、自分の能力を見極め、それに適した企業を探して、就職活動を長引かせない様に動く事が大切です。


このページの先頭へ戻る