女性の転職について考える

女性は転職の際に年代によって採用をする側に違いがあります。

 

まずは20代の転職です。若い頃は特に自分の目指すビジョンも無く仕事をしている人がほとんどです。年数や経験が少ないため、大きな仕事をすることもめったにありません。ですので採用をする側としては、育てなければいけないと言うデメリットがあります。また、結婚適齢期に近いため、すぐに辞めてしまうのではないかと思われることもあります。

 

せっかく仕事を覚えても、辞められてしまっては会社のメリットは無いのです。今では、人材紹介の会社が多くあるので派遣職員として採用をする会社も多くなってきています。正社員を望む人が多い中、現実的には厳しいようです。

 

30代になると、家族を持つ人も多くなってきます。その為、自分だけの判断で行動をすることが難しくなります。家族の健康状態や、両親の体調に左右されがちです。そうなると、会社側としても大事な仕事を任せることは出来ないと判断をします。

 

もし、30代での転職を考えるのであれば、面接の際に会社へ貢献をする情熱を伝えないと、正社員は中々厳しいようです。

 

40代になると、周りは主婦をしている人と、キャリアで仕事をしている人に分かれます。転職をしようと考えた場合、同年代の人よりも給料は遥かに少なく、会社の中で年齢は高いけど仕事は半人前と言う立場でいなければいけません。転職を考えていたけれど、こういったジェネレーションギャップに負けて、就職を断念する人も結構います。

 

さらに両親がいる場合には介護にも直面をします。度重なる環境の変化に適合をするのは、とてもストレスのたまる事です。現実問題、よほどのスキルや資格が無い限り正社員で仕事をすることは困難な事です。


このページの先頭へ戻る