いつの時代も、華やかでオシャレなイメージがあり、多くの人が憧れているのがマスコミ・広告業界です。

 

クリエイティブで流行を生み出すこの業界は、就職・転職ともに人気が高いといえます。

 

さらに、近年ではWeb市場での広告分野も大きく成長しているため、さらに人気が高まりつつあります。

 

そんなマスコミ・広告業界の転職状況についてお話します。

 

一口に広告業界といっても、ジャンルは様々です。

 

その中でも誰しもが知っているような大手広告代理店については、転職はまず無理であると考えたほうがいいでしょう。

 

大手広告代理店への転職には、豊富な知識と大きな実績、さらには多岐にわたる人脈などが必要となります。

 

広告業界初心者であるならば、まずは下請けをしている制作会社への転職が一般的です。

 

たとえ小さな会社であっても、実績を残し人脈を築いていくことで大手広告代理店への転職につながっていきます。

 

さらに、下請け会社には激務がつきものです。

 

忙しいという言葉では片付けられないほどの勤務内容というのはざらにあると言います。

 

残業続きで帰宅もままならず、ほとんどの時間を会社で過ごす人も多くいます。

 

それくらい仕事量も多く、質も高い職業でありますから、広告業界への転職には相当の気持ちが必要です。

 

「激務」という点でみると、マスコミ業界も同様です。

 

さらに、マスコミ・広告業界は激務なうえに収入が少ないという難点があります。

 

激務で知られている医師や看護師と比較しても半分近くしか収入がないという状況です。

 

転職してすぐの時期であれば尚更低いと言えるでしょう。

 

そのため、本気でキャリアアップを目指すという強い気持ちと、心から仕事が好きだといえる気持ちがないと、なかなか続けていくには厳しい業界であるといえます。

 

そんなマスコミ・広告業界ですが、求人情報の数は格段に少ないです。

 

一般にはほとんど見当たらないと思っておいてください。

 

求人情報があったとしても、即戦力となる人材を至急に求めている、という場合がほとんどになります。

 

ですので、業界未経験者の場合はやはり実績のある転職支援エージェントを活用する必要が出てきます。

 

老舗の「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」であると、過去の実績も高く独自の求人情報を扱っていることがあります。

 

さらに、求人情報を探すだけでなく「DODA」などのエージェントを活用してこちらから企業側に売りこんでもらうという「逆指名」活動を行ってみるのも成功につながるひとつの手であるといえます。


このページの先頭へ戻る