美容業界への転職は積極的に!

転職はもちろん、結婚や出産で仕事から離れていた女性達の社会復帰に人気の高い業種が「美容業界」です。

 

多くの女性が憧れている業種であるため、まったく違う業種からの転職という人も多く見受けられます。

 

美容業界は景気に左右されにくいという特徴もあります。

 

2004年以降、日本の化粧品出荷額は1.5兆円前後と、高い水準を誇っています。

 

リーマンショック後は6.7%ダウンと影響を受けましたが、それでもほかの業種と比較すると少ない影響であります。

 

化粧品だけでも一兆円規模であるのですから、美容業界全体を見るともっと高い数字となります。

 

いつの時代も、女性は綺麗でありたいと思うものですから、この業種は景気に左右されにくい傾向にあるのです。

 

食費や生活費を節約してでも、綺麗になるための資金は確保したいというのが女性の本質であります。

 

美容業界はむしろ、不景気になると活発化するという特徴もあります。

 

その理由は、不景気の影響で外で働く女性が増えるからです。

 

外で働くということは、人の目を気にする機会も増え、化粧品を使う頻度も増えるために美容業界の需要が高まるというわけです。

 

また、最近ではメンズ化粧品やエステサロンの増加もあり、どんどん発展しているといえます。

 

美容業界の職種というと、美容師・化粧品の販売員・美容クリニック・エステティシャン・セラピスト・マッサージ師・ネイリスト・インストラクターなどなど挙げられないほど多くの職種があります。

 

また、マッサージの中にも韓国式やアロマ式があったりとたくさんの種類に分けることができます。

 

数多くある美容業界の職種ですが、やはり資格やスキルを有していると転職にも有利に働きます。

 

美容業界は女性中心の業界であることがら、看護師と同様、結婚や出産などの要因で欠員が出やすい業界であるといえます。

 

そのため、常に求人ニーズは高い傾向にあり、未経験者であっても積極的に採用してもらえる可能性が高いです。

 

基礎的な知識やスキルはもちろん必要ですが、実際に現場で働きながら勉強していくという形をとることも可能です。

 

美容業界への転職を希望する場合に活用したい転職支援エージェントは、大手エージェントである「リクルートエージェント」がおすすめです。

 

女性の転職を専門とした「とらばーゆ」を運営していることから、サービスの質も高く求人情報も多く扱っている傾向にあります。


このページの先頭へ戻る