建築・土木業界は知識とスキルが必須!

不動産業界の景気に左右されやすく、不安定な業界であるといわれているのが建築・土木業界です。

 

バブル崩壊後、長年低迷の一方だった不動産業界が、近年需要が高まりつつあります。

 

その影響を受け、現在建築業界は設計士を中心に求人ニーズも増え、転職もチャンスであるといえます。

 

一方、土木業界は公共投資額の減少から未だに低迷が続いており、今後の求人ニーズが期待されている状態です。

 

また、建築設計の知識やスキルは不動産業界でも活躍することができます。

 

そのために需要の高まりつつある不動産業界へ転職する人材が増えつつあるのも現状です。

 

ということは、建築・土木業界の人材が不足しがちになるということでもあり、転職のチャンスであると考えられます。

 

建築・土木業界は、「建築設定」「土木」「インテリア」の3つにジャンルを大きく分けることができます。

 

この業界への転職を希望する場合は、建築設計や施工管理、インテリアデザインなど有する資格やスキルによってジャンルを絞る必要があります。

 

自分の希望する転職を成功させるためには、まずキャリアプランを明確にし、必要な資格やスキル、そして知識を取得しておくことが大切です。

 

たとえば建設設計や設計士の仕事は、住宅・商業施設・オフィスビル・都市開発などと種類規模ともに様々になります。

 

建設設計の資格には「建設設計士」「木造建築士」がありますが、資格を有するうえにある程度の実務経験が求められます。

 

さらに、建築材料・構造・設備・デザインや関連法規についての膨大な知識も必要となり、こちらも実務経験があればあるほど転職に有利となってきます。

 

建築・土木業界の中でも比較的求人ニーズの高い職種として、施工管理、環境コンサルタント、設備管理・保全、ビル管理、設計監理、ゼネコン、建築メーカーなどが挙げられます。

 

このようにみると建築・土木業界への転職は難しくないように思えますが、それぞれに独自の知識や経験を必要とするため、自分がどのジャンル・職種を希望するのかをしっかりと見極め、必要な知識やスキルを磨くことが大切です。

 

そんな建築・土木業界への転職を希望する場合は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」などが特化している転職支援エージェントであるといえます。


このページの先頭へ戻る