魅力いっぱいのエネルギー業界には資格が強い

数多くある業種の中でも、安定感の高く離職率の少ない業界というとエネルギー業界が挙げられます。

 

エネルギー業界は、ほかの業界と比べて労働環境の質が高い傾向があります。

 

社員に対するフォロー体制が企業単位できちんと設置されており、就業時間も残業が少ないところが多いといわれています。

 

労働環境の質が高いことに加え、残業時間が少なくても年収が比較的高いということもあり、エネルギー業界に勤める人の平均勤続年数は20年台であります。

 

これはすべての業種の中でもトップクラスであり、離職率の低さがよくわかります。

 

また、前述のとおりフォロー体制もしっかりしているうえ、教育制度も企業ごとにしっかり整えてあるところが多く、未経験者であっても採用してもらうことができるというメリットもあります。

 

未経験から仕事を始めたとしても、働きながら自分のスキルを磨いていくこともできます。

 

スキルアップをはかることができる環境もしっかりと整えてあるところが多いのです。

 

このような点も離職率の低さに繋がっていると考えられます。

 

エネルギー業界の職種というと、商品企画・マーケティング・生産管理・営業・施工管理・保守メンテナンス・研究開発・製造設備管理などと多く挙げることができます。

 

どの職種であっても、先ほど述べたような質の高い労働環境での仕事であるので長く勤める人が多い傾向にあります。

 

労働環境だけでなく、収入面でも魅力を感じることができます。

 

ガス会社で年収約700万円、電力会社では年収約800万円、大手石油会社になると年収約900万円と高い数字を誇っています。

 

これはほかの業種と比べるとかなりの高収入であることがわかります。

 

高収入であるということは、専門分野であり資格取得が必要であることも理由のひとつであると考えられます。

 

たとえば石油系の職種であれば高圧ガス製造や冷凍機やボイラーなどの作業主任者などの資格があります。

 

こういった専門の資格を有しているほど、転職には有利に働いてくれます。

 

エネルギー業界への転職には、大手転職支援エージェントである「リクルートエージェント」や、エンジニア系に特化している「@tyoe」などがおすすめです。


このページの先頭へ戻る