金融業界への転職は今がチャンス!

金融業界といえば「安定・高収入」と謳われたのはもう過去のことです。

 

リーマンショック以降、金融業界の人気は大きく下落し、今や人材不足の傾向が強いというところまできています。

 

そんな金融業界には、この業界が景気に左右されやすく決して安定しているわけではないということをきちんと理解している人こそ、向いているといえるのではないでしょうか。

 

また、金融業界の求人は継続性に乏しいといわれています。

 

2008年前後の金融業界の採用ニーズは絶望的なものでした。

 

2010年頃になると各社の成長戦略に沿って人材の入れ替えが活発化し、採用ニーズが少しずつ高まってきました。

 

しかし、現在の採用ニーズが高まっているからといって来季の採用ニーズも高いかというと、それは予測できないものであるのです。

 

金融業界への転職を希望する場合は、このような業界の情勢をきちんと把握しておく必要があります。

 

現在のように採用ニーズが高まっている時期ではよりよい転職が可能なベストタイミングであるといえます。

 

しかし、先にも述べたように金融業界の求人は継続性に乏しいため、このタイミングを逃してしまうと、今後は自分の希望する転職が難しくなってしまう可能性もあります。

 

採用ニーズが悪化してしまった場合、求人情報が極端に減少してしまったり、自分の希望する内容とはかけ離れた求人情報しか残っていないというようなことが有り得ます。

 

このような点を考えれば、金融業界への転職を希望する場合には、情報をいち早く得ることのできる転職支援エージェントを利用することが必要となります。

 

また、エージェントに在籍するキャリアコンサルタントの中でも、金融業界の情報の精通している人がいるエージェントを選択するとより有利となります。

 

実際にはどういったエージェントがいいのかというと、転職支援の歴史が古く、銀行や証券会社、さらには保険ファンドなど幅広い金融業界からの求人情報を所有している「リクルートエージェント」が有力であるといえます。

 

特に、こちらのエージェントは外資系投資銀行や保険ファンドとの強い繋がりがあるというところもおすすめできるポイントです。

 

また、金融業界の中でも証券会社に絞って転職を希望している場合には、「マイナビエージェント」が、保険ファンドに絞って転職を希望している場合には、「イーキャリア」がお勧めできます。


このページの先頭へ戻る