転職エージェントは人材紹介業界に強い?

日本だけでなくアメリカなど世界的に経済が不安定な現在、景気上昇はなかなか難しいとされています。

 

そんな中、年々業績が伸びており、今後の成長も期待できるとされているのが「人材紹介業界」です。

 

ここではそんな人材紹介業界について紹介していきます。

 

人材紹介会社では、基本的には顧客の転職を扱っています。

 

顧客の人生を左右するといっても過言ではないほど、責任の大きな仕事であるといえます。

 

同時に、より良い転職のためにとやりがいも大きくなるということでしょう。

 

人材紹介業界では営業職を中心とした求人が多く見られますが、ほとんどの求人で異業界経験者や未経験の者でも採用してもらえる確率が高いです。

 

これは、営業職にこだわらず様々な人材を活用したいという傾向にあるからで、その獲得競争は激しいといえます。

 

人材紹介業界に転職したいと考えた場合、どのような転職支援エージェントが強いといえるのかというと、基本的にはほとんどのエージェントが得意としているという傾向にあります。

 

というのは、転職支援エージェントからすると人材紹介業界は同業者ということになります。

 

そのために情報にも詳しく、多くの求人情報を扱っていることが多いのです。

 

よって、大手エージェントの「リクルートエージェント」や「マイナビ転職」、「DODA」などはもちろん、「イーキャリア」や「@type」などのエージェントも転職支援サービスを行っているため、この業界には強いといえます。

 

とは言っても、人材紹介業界は様々な分野に分けることができます。

 

IT関係をはじめとするシステムエンジニアやネットワークエンジニア、webデザイナーなどIT関係の分野に強い人材紹介会社への転職を考えているのであれば、「@type」や「DODA」、「イーキャリア」などがおすすめです。

 

また、看護師や医師などの医療関係職に強い人材紹介会社への転職を考えているのであれば、大手である「リクルートエージェンシー」や「マイナビエージェント」といったエージェントが特化している傾向にあります。

 

このように、単に人材紹介業界といっても、どの分野に絞るかによってエージェントの選択肢も変わってきます。

 

転職先に対する希望をきちんと定めておくことが、効率のよい転職を進めていくためには必須なことであるといえます。


このページの先頭へ戻る