宮内庁への転職にもエージェントを活用!

転職支援エージェントというと数多く存在しますが、それぞれに特化した分野が違うものです。

 

たとえば事務職や営業職に強いところ、メーカー企業などの専門分野に強いところ、webデザイナーなどのクリエイティブな分野に強いところ、などです。

 

どこのエージェントがどんな分野に強く、しっかりとした情報を得ることができるのか、きちんと見極めることが転職を成功させるためのポイントであるのです。

 

ここでは宮内庁への転職について紹介していきます。

 

宮内庁とは、皇室関係の事務を司る場所であり、国家事務および政令で定められた天皇の国事に関する行為に関わる事務を行います。

 

また、宮内庁法第一条第二項に記されているように、御璽・国璽を保管するという業務でもあります。

 

そんな宮内庁ですが、働く業種は多岐にわたります。

 

宮内庁で働く事務職だけでなく、宮内庁御用達の職業も多く存在します。

 

たとえば料理人、電気工事の業者、web関係のコンテンツ営業職など。

 

つまり、宮内庁の仕事に直接関わっていないとしても、宮内庁で働く業種は多く存在しているのです。

 

ということは、個人のスキルをもって宮内庁に関わった仕事を行うことができるということです。

 

また、国家公務員に合格することができれば、宮内庁での面接を受けた後に事務職や技術職として勤めることも可能となります。

 

宮内庁で勤めるためには、一般的に行う転職活動とは別に、特別な試験が必要となるのです。

 

たとえば、皇宮護衛官という皇宮の警備業務を担当する職種については、皇宮護衛官採用試験に合格する必要があります。

 

このように、国家公務員試験や各職種に必要な試験に合格することで、宮内庁で働くことができるようになります。

 

もちろん、特殊な資格が必要であったりコネが必要であったりとすることはありません。

 

このように考えると、転職支援エージェントを利用する必要はないように思えるでしょう。

 

しかし、もちろんエージェントを利用すると大きなメリットがあります。

 

たとえば、大手エージェントであれば国家公務員試験の対策として面接練習や試験相談にのってくれます。

 

一般的な知識をもらうこともできますよね。

 

大手だからこそ持っているノウハウを活用することで、自分だけでは難しい転職も有利に働いてきます。

 

大手エージェントには「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」を挙げることができます。


このページの先頭へ戻る