医療業界への転職は専門性を重視!

景気に左右されにくく、常に転職者に有利な業種といえるのが医療業界です。

 

看護師を主体に、人材不足で求人情報が多く存在しているというのが現状なのです。

 

そのため、大手転職支援エージェントは医療業界への転職支援に力を入れている傾向がみられます。

 

人材不足が悩まれている業種であるがゆえに、「逆指名制度」という特徴あるサービスも存在します。

 

これは、あらかじめ転職者が希望する医療機関を指定し、エージェント側から採用を促すというものです。

 

たとえ求人情報のない医療機関であっても、担当者によって転職希望者を紹介してもらうことによって、希望する内容での転職が叶うこともあるのです。

 

それほど医療業界の求人は数多く存在し、また医療業界で働く人材は不足しており常に人材を欲しているといえます。

 

一言に医療系といっても、医師・看護師・薬剤師・医療系メーカーとジャンルは様々です。

 

ジャンルごとの特徴は顕著であり、同時に各エージェントの強みやサービス内容も変わってきますので、しっかりと把握しておく必要があります。

 

また、医療業界というのは専門性の高い業界であります。

 

そのため、医療業界を専門にしているキャリアコンサルタントのいるエージェントといないエージェントでは大きな差があります。

 

もし専門のキャリアコンサルタントのいないエージェントで転職を希望した場合、希望内容がきちんと伝わらない場合や全然違う医療機関を紹介されてしまう場合なども考えられます。

 

ほかの業界と比較しても、そういった失敗が起こりやすいのが医療業界です。

 

こういった点を考慮すると、エージェントの選択には「求人情報の幅広さ」と「安心できるサービス内容」を重視することが必要です。

 

そうなると、おすすめなのは「リクルートエージェント」です。

 

リクルートエージェントでは、医師に強い「リクルートドクターズキャリア」、看護師に強い「ナースフル」「とらばーゆ看護」と、それぞれに特化したサービスサイトを展開しています。

 

そのため求人情報の量は業界トップクラスであり、独自に扱う非公開の求人情報も質が高く、利用者からの評判は高くなっています。

 

またサービス内容も濃く、専門のキャリアコンサルタントによって高いサポートサービスを受けることができます。

 

看護師に限って言いますと、看護師というものは3〜4年ごとの転職が主体となってきます。

 

転職を行うごとに条件を高くしたり地位をあげたりということが、一般的なキャリアアップであると言われています。

 

そのため、各エージェントはそういった実情を把握・考慮した内容のサポートサービスを行っているところがほとんどです。


このページの先頭へ戻る