不動産業界への転職は今がチャンス!

就職氷河期といわれた時代、不動産業界も低迷状態が続いていました。

 

しかしここ最近、需要が高まり活気を取り戻しつつあります。

 

長年の低迷期には就職はもちろん転職状況も厳しい状態ですが、現在のマンション建設ラッシュ等を受けて人材確保や景気回復が見られるようになってきました。

 

不動産業界への転職には、「過去の実績」が必須でした。

 

経験者至上主義ともいえるものが常識的でしたが、近年では未経験者でも積極的に採用している企業を見受けることができます。

 

ということは、現在は不動産業界への転職チャンスであるといえるのです。

 

さらに、不安定になりがちな不動産業界ですので、このタイミングを逃してしまうと今後はどうなるかわからないというところもあります。

 

では不動産業界の中でもどんなジャンルがあるのかというと、今一番注目されているのが「不動産ファンド」のジャンルです。

 

いわゆる投資としての不動産業ということになります。

 

金融関連の知識を持ち合わせている人やファイナンシャルプランナーの資格を有している人にとっては、転職を有利に進められるうえ、活躍できるジャンルであるといえます。

 

また、一般的な不動産企業への転職を希望する場合、「宅建」の資格は是非取得しておいてもらいたいものです。

 

宅建の知識・資格を持っていると企業側からも高い評価をもらえる可能性が高くなります。

 

ほかにも不動産鑑定士や不動産管理士の資格も大きく有利になってきます。

 

求人情報が豊富にあるジャンルというと、「事務職」と「営業職」が多いといえます。

 

事務職については実績があれば尚いいという程度になりますが、営業職というと分野が多いです。

 

たとえば建設設計の営業や土地仕入れの営業、住宅ローンの営業などが挙げられます。

 

自分の持っている知識や経験を活かせるよう、また希望する内容の仕事ができるよう、きちんと見極める必要があります。

 

以上のことから、不動産業界への転職に特化している転職支援エージェントには「リクルートエージェント」「DODA」「@type」が挙げられます。


このページの先頭へ戻る