未経験でも商社に転職できる?

男女問わず、文系学生の就職希望企業として名前が多く挙げられるのが「商社」です。

 

働きたい企業ランキングには必ず上位に数社名前が挙げられます。

 

ということは当然競争率は高く、有名商社や総合商社ともなると、採用枠はわずか数パーセントといったところでしょうか。

 

そんな商社ですから、新卒採用よりも幅が狭いといわれている転職ともなると、有名商社や総合商社への採用はかなりの狭き門といえるでしょう。

 

そのため、これから商社への転職を希望する方にとって、転職支援エージェントの活用というのはとても大きな存在となってくるものなのです。

 

現職が商社勤務である方にとっては、商社への転職であっても比較的スムーズにいくことが多いものです。

 

商社への転職は、その経験値が高ければ高いほど有利であるからです。

 

たとえば、現在食品の原材料を扱う商社に勤めている人が食品関係の商社へ転職したいとなれば、基礎的な知識を持ち合わせているというメリットとともに、食品の知識を深めたいというより積極的・前向きな姿勢を企業側にアピールすることができるわけです。

 

このように、企業側へのアピールというのも転職に大きく関わってきます。

 

希望する転職を無事に成功させるためには大切な要素であるともいえます。

 

たとえば英語力です。

 

英検1級・TOEIC550点以上・海外生活経験ありなどといった英語力があれば、企業側への大きなアピールとなりますし、転職に有利に働きます。

 

たとえ国内勤務であったとしても、商社にとって英語を使いこなせる人材というものは余る程ほしいものなのです。

 

同様に簿記や経理といった資格・経験も大きなアピールポイントとなります。

 

このような「強み」を持ち合わせていると、転職への高いアドバンテージになりうるのです。

 

このように、企業側が求める人材というものをきちんと把握することが転職への第一歩であるといえます。

 

やたらと求人へ応募したとしても、企業側の欲しい人材と噛み合っていない場合は書類選考の段階で落とされてしまいます。

 

そのため、利用する転職エージェントを決める際にも、このような点を重視して決めていきましょう。

 

現職の方や資格・経験を持ち合わせている人にとってはそう難しくはない商社への転職ですが、未経験者にとってはかなり敷居の高いものといえます。

 

しかし、大手転職支援エージェントである「リクルートエージェント」であれば、商社の求人情報でも「未経験可」としている情報も多く扱っています。

 

経験も資格も持ち合わせていない、初めて商社に勤めたいという人でも安心して転職を考えられます。


このページの先頭へ戻る