店舗・小売業界には実績のあるエージェントを。

以前の日本は、就職したら定年退職まで同じ会社で働くという就業スタイルが主流でした。

 

しかし、現在の日本では転職を行いキャリアアップを図るという、いわゆる欧米タイプの就業スタイルが主流となってきています。

 

その影響を受け、転職支援を行うエージェントも数多く存在するようになりました。

 

しかし、どのエージェントでも同じというわけではなく、もちろん各エージェントごとに特徴や特化した分野というものがあります。

 

そのため、自分の希望する転職を成功させるためには、どのエージェントを活用するかどうかきちんと見極める必要があります。

 

ここでは、店舗・小売業界を例に挙げて紹介していきます。

 

店舗・小売業界とは、いわゆる百貨店やホームセンター・コンビニエンスストアなどの小売業者のことをいいます。

 

この店舗・小売業界への転職を希望する場合は、知識や経験はもちろん、柔軟な思考と新しいことに挑戦することができる人材であるかどうかということも重要視されている傾向にあります。

 

というのは、現在の店舗・小売業界は大手企業の合併や統合が多く見られることから、業界再編の真っ只中であるといわれているからです。

 

また、市場が成熟しているうえに消費者のニーズが多様化している現在、小売業間では競争が激しくなっています。

 

そのため経営は厳しいと言わざるを得ません。

 

たとえば大手百貨店であっても、売上上位の百貨店が次々と統合されていき、現在では4社の独占状態とまでになっています。

 

現在の店舗・小売業界では、多くの企業が統合・合併を行いグループ化することでローコストオペレーションを実現させています。

 

これは共同仕入れによるもので、その規模は海外のメガスーパーに匹敵するほどとなっています。

 

店舗・小売業界へ転職を希望する場合は、このような業界全体の傾向をしっかりと把握し、また理解を深めておくことが必要となってきます。

 

以上のように、知識や経験はもちろん、そこからさらに飛躍できるような思考能力も必要となってきます。

 

同時に、海外資本を巻き込んだ合併も数多く見られる業界であることから、英語を始めとする語学力も重視される傾向が見られます。

 

日常会話や接客用語、商品説明を行う語学力を持ち合わせていると、転職活動に大きく有利に働いてくれることでしょう。

 

そんな店舗・小売業界ですが、転職支援エージェントは実績のある「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」がおすすめです。

 

現場の情報も多く取り扱い、さらに求人情報も独自のルートで扱うものもあるので是非活用してみてください。


このページの先頭へ戻る