格安旅行航空券を提供していることで有名なH・I・Sの年収は?

格安の旅行航空券の販売といった旅行業を主力とし、他にもメインとしてそれにプラス、ホテル業も手がけています。非常に知名度が高い企業なので一度は利用したことがある方もいるでしょう。そんなエイチ・アイ・エスで働いた場合の平均年収について調べてみました。

 

エイチ・アイ・エスの平均年収とは

有価証券報告書の平成25年のデータによると、エイチ・アイ・エスの従業員の平均年収は442万円となっています。10年間でだいたい450万円前後推移していて、安定的な年収を誇っています。

 

従業員の平均年齢は33.4歳、平均勤続年数は7.1年、従業員の数は4400人を超えています。

 

およそ10年前までは3000億円ほどの売り上げとなっていましたが、平成25年には過去最高の4794億円を記録しました。景気状況に左右されやすい旅行業界の中で安定した売り上げを見せ、右肩上がりに売上が伸びています。

 

エイチ・アイ・エスで働く場合の職種とは

旅行会社ということもあり、日本のみならず全世界で法人採用を行っています。転職によるキャリア採用の場合は旅行コンサルタント、カウンターサービス、企画営業、ウェディングプランナーなどの仕事があります。

 

職種別に年収を見ていくと、旅行コンサルタントが20代で300万円前半、営業所長になると500万円程度、エリアリーダーに格上げされると700万円近い年収と言われています。

 

カウンターサービスは正社員1年目で350万円程度、所長になると600万円前後と言われています。企画営業職は業績手当がありますので変動が激しいですが、30代の一般社員で500万円前後、所長になると、600万円前後となっています。スキルや経験次第で昇給が十分に見込める企業です。

 

具体的な仕事内容とは

旅行コンサルタントの場合は、航空券の予約や販売に関する手続き、またお客様の希望にあったツアーの手配などトータル的なサポートをする仕事です。

 

お客様の質問に対して、何でもアドバイスできるような知識が必要となりますから、常にアンテナを張って現地の情報を入手したり、現地の旅行代理店に問い合わせて変更された情報などを入手しておく必要があります。

 

カウンターサービスのお仕事は窓口にて電話対応、実際にお客様のパッケージツアーやプラン、ホテルの予約等の受付を担当します。単純に航空券の予約やホテルの予約だけでなく、ビザや保険などの必要書類の手配もおこないます。また、現地でトラブルがあった際のフォローや対応も行うケースがあります。

 

お客様との手続きや、やり取り以外ではイベントの企画や販促の企画運営も携わるケースがあります。

 

企画営業職の仕事は新規顧客開拓と既存顧客の営業が主な仕事です。新たな旅行プランの企画やホテルとの提携、ニーズにあった旅行先のプランなどを提案します。

 

実際に現地の視察などもありますので海外への出張も多く、英語が堪能な方は重宝されます。

 

以上、エイチ・アイ・エスの平均年収と仕事内容についてご紹介してきました。海外とのつながりを感じられる仕事、そして旅行の際にお手伝いをし、お客様に感謝されるようなやりがいを感じられる仕事です。


このページの先頭へ戻る