高い利益率を誇るカカクコムの年収はやっぱり高い?

電気製品などの値段の比較として、価格.comを使ったことがある方も多いのではないでしょうか。また、価格.comだけでなくグルメコミュニティサイトとして有名な「食べログ」も実はカカクコムが運営しているサイト。有名なサイトを数多く企画運営しているカカクコムで働いた場合、どれくらいの年収をもらうことができるのか調べてみました。

 

カカクコムの平均年収とは

カカクコムで働いた場合の平均年収は、平成25年で664万円となっています。多少年収の増減はありますが、平成20年以降は常に600万円以上を推移していて、非常に安定した収入を誇る会社といえるでしょう。

 

従業員が増加傾向にあり、その影響もあって平均年収が落ちた年もありますが、基本的にはほぼ右肩上がりで推移しています。カカクコムは平成17年には29億円の売上にとどまっていましたが、平成25年には298億円という売上まで急激に伸ばしており、その営業利益や業績は非常に順調に推移しています。

 

実際の年収はもっと少ない?

平均年収で非常に高い水準を記録しているカカクコムですが、これは役職についている人なども含まれた全ての従業員を対象としたものなので、実際に、もしカカクコムで働く場合はもうちょっと低い年収からスタートとなるケースが多くなるでしょう。

 

もちろん中途採用で過去に同業他社で実績のある方であれば、平均年収よりも高い給料となるケースもありますが。

 

実際にカカクコムで求人募集をしている収入について調べてみましょう。例えばWebエンジニアとしてカカクコムで働く場合の給与は、おおよそ400万円から600万円ほど。年収の振り幅が大きいのは、過去の実績や経験スキルなどが重視されるためです。

 

カカクコムの職場環境とは?

実際に働く場合、どのような職場環境なのでしょうか。WebエンジニアやWebデザイナーを例にとって紹介していきましょう。カカクコムの柱となっている価格.comや食べログの運営、更新が主となります。

 

インフラ設計や構築、ソフトウェアの選定のスキルが必要となってきます。もう少し細かい作業で言うと、API 形式で検索機能を充実させたり、ユーザーに快適に利用してもらえるようなサービスを改善したり、提供する作業を主とします。

 

また、制作や更新だけでなくアクセスログを用いてどのようなページが利用されているのかといった情報をデータベース化をして、よりユーザビリティを意識し、性能改善を行ってきます。

 

カカクコムが評価されているわけ

単純に値段を比較するだけではなく、ショップの評価も取り入れているところに価格.comの信頼性がアップしたと言えます。過去にもショップ評価を導入していましたが、炎上するきっかけにもなってしまい、停止している期間がありました。

 

しかし今ではID登録制を導入することで、そのようないたずらや炎上がなくなり、安定した情報を供給出来るようになりました。また自作自演を防ぐために毎日書き込みを目視によって、チェックし疑いがあるものであれば削除しています。

 

そういった日々の努力がサイトの質を上げ、信憑性や信頼性を高めていったと言えます。その甲斐あって事実誤認で苦情が届くことは、一年を通してもほとんどないんだとか。信頼できるサイトになったことが安定的な運営が続けられている要因といえるでしょう。

 

以上、カカクコムについて調べてみました。価格.comの月間利用者は800万人以上を超えていて、そのうち7割が男性だそうです。こういったニーズや購買力のある人向けに、いかに興味のあるコンテンツや性能を提供するかが今後のカカクコムの運営に大きく影響してくると言えそうです。


このページの先頭へ戻る