不動産情報ポータルサイトのホームズで有名なネクストの年収

不動産や住宅の賃貸情報サイトとして有名な「HOME’S」を手がけている株式会社ネクストについて調べてみました。平均年収や業績、会社の今後の展開などについて詳しく調べてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

平均年収とは

ネクストの平均年収は平成25年で603万円となっています。過去に平均年収が600万円台にいったことはなく、これが初めての600万円越えとなりました。ここ数年は500万円台後半を推移していて、安定した年収と売り上げを誇っている企業です。

 

平均年齢は33.4歳、平均勤続年数は4.7年となっています。従業員が463人となっていて、ここ数年で従業員の数も増加していますが、平成22年をピークにやや減少しています。

 

ネクストのメイン事業とは

ネクストの主要サービスとなっているのが、不動産情報サイトのHOME’S。アパートやマンションの賃貸をはじめ、マンション、一戸建ての購入に関する情報を提供しています。全国各地の情報を取り扱っていて、総掲載数は500万件以上。物件数では第1位と言われており、住まい探しの代表的なサイトに育っています。そこで発生する契約に関する仲介料、また広告収入などが主な売り上げの柱となっています。

 

今後のビジョンとは

ネクストの新たなビジョンとして掲げていることが海外での住まい探しもサポートすること。2011年以降はタイやインドネシアといったアジアにまで進出していて、世界各国の不動産情報を閲覧できるグローバル化を目指したサービスの提供を行っています。

 

もちろん海外だけに重きを置くのではなく、国内での不動産案件の件数、使いやすさ、利用者の満足度なども常により良いものを目指し、ユーザーに満足してもらえるようなサービスを提供することを目標としています。

 

ネクストの職種とは

ネクストで求めている人材は営業職、エンジニア職、コンサルタント、Webデザイナー、事務職、ディレクターなど様々です。営業職ではクライアントに対してHOME’Sを利用することによるメリットやプロモーション活動の有意性、サービスを取り入れることで、どのようなメリットがあるかなどをクライアントにアプローチしてきます。

 

転職した場合の収入ですが、営業職の平均月収は25万円から30万円程度となっていて、年収にすると400万円から500万円程度となっています。一方、エンジニアデザイン部門では、やはりWebサイトを構成する上での必要最低限の知識が求められます。

 

HTMLやCSSの知識、複数デバイスの実装経験、スマホのサイト作成経験などが求められます。月収および年収は、営業職と同じような額が掲示されています。

 

以上、株式会社ネクストに関する年収および企業情報についてご紹介してきました。非常に有名なサイトに携われるということで営業としても、クライアントの印象が良いですし、働きやすい仕事環境です。サイトに携わるにしても、知名度のあるサイトを作成するということで非常に意義に感じる仕事といえるのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る