ネット広告代理店として取扱高1位を誇るオプトの年収は?

広告事業やマーケティング事業に力を入れている株式会社のオプト。東京に本社を構え、大阪や沖縄でも事業に力を入れている企業です。インターネットの広告会社として聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

 

ここでは、オプトで働いた場合にどれぐらいの年収なのか調べてみました。

 

オプトの平均年収とは

年齢によってもちろん得られる収入は異なるので参考程度にしかなりませんが、従業員全体の平均年収は平成25年データで527万円となっています。

 

平成19年以降は常に500万円以上の平均年収となっていて、安定した業績が特徴の企業といえるでしょう。

 

まだ従業員の平均年齢が30.3歳と若いことを考えれば、これからまだまだ平均年収が上昇していくことが予想されます。そして、従業員数も年々増加し、現在は700人に迫る人数となっています。

 

どうしても新入社員が増えれば平均年収が下落する傾向があるのですが、オプトの場合はそういった影響もなく、常に安定した年収を誇っています。

 

同業他社と比べて平均年収はどうなの?

オプトの事業のメインとなってるのが広告業。広告業として有名なものはサイバーエージェントやセプテーニHD、電通、博報堂などがありますね。

 

電通や博報堂のように平均年収が1000万円を超えるような企業とは、やや企業規模が異なりますが、アドウェイズやGMOアドパートナーズ、ファンコミニケーションズなどと、だいたい似たような平均年収となっています。

 

400万円後半から500万円台の広告事業が多いので、オプトもそういった企業と肩を並べる存在と言って良いでしょう。

 

広告業だけの企業で分別すると、オプトは平均年収ランキングで14位となっています。

 

オプトの仕事はどんな仕事?

オプトの仕事は多種多様な職種があります。主な仕事としては、プランナーやコンサルタント、クリエーティブディレクター、プログラマーなどが挙げられます。

 

プランナーの仕事は広告媒体の窓口として、各企業に企画の提案や交渉、プランニングなどを行ってメディアへの露出を狙い広告活動を行います。

 

コンサルタントも同様に営業活動が主となっていますが、それ以外にもWebの検索エンジンからどのようなニーズがあるのか分析を進め、戦略を立てたり、検索連動型の広告を運用管理するなどの仕事があります。

 

転職を図る方は営業職からの転職が多いようです

そして、プログラマーの仕事は自社サイトの開発がメイン。アクセスしてきたユーザーの行動をログ解析してチェックしたり、どのようなニーズや希望を持っているのか、ユーザーの動向をチェックする仕事となります。Web業界に携わった経験のある方が重宝される職種です。

 

以上、オプトの平均年収と仕事内容についてご紹介してきました。Web 業界では知名度のある企業ですので、広告事業やWEB事業に興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る