大企業でもベンチャー体質、成長し続けるリクルート

東証一部に区分されるリクルートホールディングス。30年代ともなると年収が800万円を超えてくるといわれ、平均年収ベースが非常に高い企業としても名が知れています。そのリクルートについて詳しくみていきましょう。

 

リクルートの平均年収とは

リクルートの全社員の平均年収はおよそ980万円程度と言われています。30歳を超えると800万円を超えてくると言われていて、40代になると人によっては1000万円以上の年収を超えてくると言われるほどの高収入が期待できる企業です。

 

サービス業の中でもトップテンに入ると言われています。ただし、いきなり800万円越えの年収を手にするということはいくら経験者やスキルのある方でも難しい話です。

 

20代の転職を想定すると、だいたい600万円から700万円程度が相場となっています。リクルートの従業員の平均年齢は35.7歳。比較的若い企業といえるでしょう。

 

リクルートの仕事とは

リクルートホールディングス全体で考えると様々な仕事があり、誰でも年収800万円が実現するというわけでは残念ながらありません。

 

例えば応募資格に学歴を問わないものや経験を問わない職種ももちろん存在します。リクルートホールディングスの本社で働くわけではなく、リクルートグループが運営している転職サービスの事業に携わる場合には、もう少し年収ベースが下がると言わざるを得ません。

 

例えば有名なところではリクナビ派遣やフロムエー、はたらいく、とらばーゆ、タウンワークなど様々なものがありますね。そういった企業に就職して営業活動を行うというケースであれば、年収は400万円や500万円などになるケースが多くなっています。

 

ただ、リクルートホールディングスの本社勤務になれば、企画戦略スタッフやグローバル事業に関わるというケースで600万円以上の年収が見込めます。

 

ただしその場合は、未経験からの採用というのは難しく、経営戦略や新規事業開拓などのビジネス経験がある程度ないと厳しいと言わざる得ないでしょう。

 

グローバルな働きを求めている

リクルートホールディングスで働く場合は、海外を意識した戦略や仕事が必要不可欠となっています。企業全体の売り上げも海外の売上比率を50%程度まで上げたいという目標を持っていて海外との連携は欠かせません。

 

日本の企業だけを相手にするのではなく、アジアや北米の企業ともミーティングを開く機会が多いです。実際に海外にもリクルートホールディングスの子会社が存在します。人材派遣というビジネスは日本だけでなく世界的にも行われていますから成り立つというわけですね。

 

ただ、日本の特有の文化をそのまま海外で持ち出すわけにいかず、海外は宗教上の理由等もあるので、その国に合った特性を生かしたビジネスが必要となってきます。

 

以上、リクルートに関する平均年収や仕事内容についてご紹介してきました。リクルートグループの中で、どの職種に就くかによって年収は大幅に変動しますので、あくまでも参考程度にとどめておくのが良いでしょう。


このページの先頭へ戻る