海外の拠点も数多く所有しているトランスコスモス

トランスコスモスで働いた場合、平均年収はどのぐらいになるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

 

トランスコスモスの平均年収とは

有価証券報告書による平成25年のトランスコスモスの平均年収は447万円となっています。データが公表されている平成20年以降では、平成21年から右肩上がりに平均年収は増え続けています。従業員は現在8000人を超え、大規模な企業と成長を遂げています。

 

平均勤続年数は8.6年、平均年齢は35.3歳となっています。

 

トランスコスモスの売り上げは1500億円以上の売り上げを誇っていましたが、平成25年に過去最高の1865億円の売り上げを記録しました。平均年収もそれに比例して徐々に上がっている傾向にあります。

 

トランスコスモスで行っている事業とは

トランスコスモスで行っている事業はインターネットを活用した広告や宣伝、販売促進活動、及びアウトソーシング事業です。近年では、東南アジアを中心に拠点を多く持っていて、いまやグローバル企業としての地位も確立しています。

 

ちなみに海外では中国、韓国、シンガポール、フィリピン、タイ、アメリカ、ヨーロッパなどに支社を構えています。

 

提携しているクライアントの企業にシステムを導入したり、サポートデスクを強化するなどしてアウトソーシング系のサービスを充実させています。また、製品の開発サポートやシステム開発、派遣サービスも展開していて幅広い事業が売り上げの増収につながっています。

 

トランスコスモスで募集している職種とは

アウトソーシング系の企業ということで、多種多様なエンジニアリング業務も募集しています。

 

例えば自動車の設計業務、3D-CADモデリング業務、PLMコンサルティング業務など過去の経験が生きる職種が多くなっています。

 

プログラミングの実装経験がある方も重宝されます。他にはWebディレクター、Webコーダー、Webデザイナーなども募集しています。HTMLのコーディング、CSSのコーディング、ウェブデザインのスキルなど幅広い人材を求めています。

 

年収はもちろん職種によっても違いますし、経験によっても違います。

 

例えばWebコーダーの場合、経験がある方で20代後半なら350万円程度、Webディレクターとして経験がある30代の方で400万円程度など、前職との兼ね合いにより変動することがあります。

 

以上、トランスコスモスで働いた場合の平均年収と募集職種についてご紹介しました。アウトソーシングの提携先企業に合わせた人材を求めているので、これまでの経験が生かせる企業といえます。

 

募集しているのはクリエイティブ系や機械系の仕事だけでは無く、事務管理系、システム開発系、営業コンサルティングなど様々です。もし興味がある方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る