みんなの転職成功談

転職するを成功するにはプロの助けを借りましょう

私は、新卒で入社した会社を1年で退職しました。すぐに次の仕事を探そうと、そこそこ名の知れている転職斡旋会社へ登録し、数日後に本社へカウンセリングンに行く事となりました。

 

担当の女性が個室へ案内して下さり、今まで私が勉強してきた事や今後目指すものなどについて詳しくヒアリングを受け、まずは担当者と一緒に徹底的に自己分析をしていくという作業をしました。

 

そこで、今私が仕事に求めているものや前職で得る事が出来なかったもの=転職理由を明らかにし、次の仕事にマッチングさせていきました。私の退職理由として、

休日出勤や残業を含む長時間労働
上司からのパワハラ
営業職が不向きであることなどがあったため

 

次の仕事選びからはこの3つの要素を外し、新しく出てきた@人と関わる仕事A給料は22万円以上B通勤が家から30分以内などの条件を考慮して転職先を選択しました。

 

結果、企業の受付職にエントリーしてみる事となり、その日からほぼ毎日担当者の方と連絡を取り合いながら、就職活動をしていきました。エントリー先の会社が面接で質問してきそうな項目を教えて頂いたり、モデルケースとして、現在働いている女性受付職の方の入社後5年の仕事の流れや給料の上がり幅を教えて頂いたり、非常に細かく丁寧に情報提供や精神的ケアをして頂いた記憶があります。

 

入社後のイメージを知ったことで、面接の際には具体的に自分がどのような仕事をしていきたいか、キャリアプランはどのように考えているかなどをしっかりと話すことができましたし、面接後のアフターケアもきっちりしていたので、更に次の面接の時にも安心して対応する事が出来ました。

 

エントリーから2週間ほどで内定を頂くことができ、今ではその会社に勤めて4年になります。

 

私はこの経験から、転職を考える際は一人で行動するよりも、プロの助けを借りて活動する事を強くお勧めします。得られる情報の質や量が違いますし、何より孤独な就職活動に安心できるパートナーが付いているということは、大きな心の支えになります。

 

転職を成功させる鍵は、『その道のプロに聞け』です。

 

さてさてその他にも皆さんから集まった転職成功の体験談を紹介していきます。どうやって高収入を得られるようになったのか、最高の職場に巡り会えた、上司に恵まれた等々、転職における上手く行ったお話をご覧ください。

転職成功談・秘話 / 転職エージェントランキング比較記事一覧

5年ほど大手企業の情報システム部門に勤めてから、転職しました。理由は、長時間残業と人間関係の風通しの悪さからでした。転職してみて、企業風土というものがあることを初めて知りました。私が最初に勤めていた会社は大企業ではありましたが、モラルが欠けているのではないかと思うことがしばしばあり、転職した会社は財閥系で、人道的で社員を大切にする会社だなと思いました。私は、転職前の職場の上司から『ついてこれないや...
転職をしてみたらわかることがたくさんありますが、転職前の仕事内容が意外色々なことをできるようにしてもらっていたということでした。自分が前職で培っていたことが、転職先でいかに役に立ち、スムーズに転職できるかですが、私の場合転職先が新規の会社であったために、色々な作業を自分のやり方で立ち上げないといけなかったので、大変でしたが、逆にいえば、自分のやり方を定番にしていけばよかったのでよかったです。上司も...
出産を機にそれまで勤めていた会社を退職したのですが、在宅で仕事を継続していました。仕事内容はDTPオペレーターです。家に会社と同じパソコンとソフトを用意すれば、離れていてもできるような内容になっていましたので、内職契約を結び、子育てしながら細々と仕事をしていました。後に今は人が足りているから出せないと言われて切られてしまいました。しかし、1年くらい経った後にまた連絡がありまして、今度はパートで復職...
私の仕事は医療事務。前職は大学病院勤務で退社できるのはだいたい8時を回っていました。朝は8時30分始業ですが、その前に朝礼をするのでだいたい12時間は職場にいることになります。人間関係も最悪で部署ごとに派閥争いのようなこともありました。休暇を取るにも取りづらい環境。その上、派遣社員だったのでお給料も安く派遣会社への不満がありずっと転職を考えていました。働きながらも転職の機会を狙って何社か受けていま...
私は新卒で入社した会社で経理部に配属になり、5年間実務を積みました。しかし女性は事務補佐の感覚が強い感じの会社だったので、転職を考えました。折角経理での実務経験を活かせる企業はどこだろうと考えたところ、外資系企業は財務会計が非常に力を持つ部門であることを知りました。元々英文科卒だったので簡単な日常会話くらいはできましたので、早速外資系に的を絞って転職j活動をしました。ところが外資系といっても日本資...
私は大学卒業後、縁あってしばらくの間高校にて仕事をしていました。田舎の山奥にあるような学校でしたので、生徒たちは皆素直で明るく、可愛らしい子たちばかりでした。しかしその職は臨時の為、いつまでもお世話になっているわけにはいかなかったのです。高校に勤めながら、同時に転職活動もしていた私に、家族が持ち込んでくれたのが薬局勤めの仕事でした。その薬局は、当時勤めていた高校よりずっと自宅に近く、家族にとっても...
私は某放送局の生放送のリポーターをしていました。この仕事を得るのには、何回もの試験にパスせねばならないほどの競争率でした。私は多分、受からないだろうと思っていたのですが、最初の筆記試験から、合格を重ね、マイクテストも合格し、面接でも合格して、見事にリポーターの仕事につくことができたのです。しかし、私は本当は高校生の頃から写真家になりたかったのです。高校の頃は美術部と写真部を掛け持ちで入っていたくら...
新規立ち上げをターゲットに!これまであまり職場でいい経験をしたことがなかったのですが転職するに当たり、これはいける!という経験をしいたのでご紹介します。転職し新しい職場には入るとほぼ100%一番下っ端になるわけです。そうなると常識のない社員は厄介な仕事を押し付けてきたり、些細なことで怒りの矛先をこちらに向けてきたり、はなから仕事ができない人間と決め付けてかかったりするわけです。このような嫌な経験を...
私は大学卒業後新卒として入社したのはとある人材育成コンサルタント業界の会社。企業の人事部を主な取引先として採用部門や研修部門のお手伝いをする会社でした。場所によっては研修屋とも言われるような業界の会社でした。入社してからは新規開拓が大切だ、という方針でひたすらテレアポして断られ続ける日々。先輩達は引き継いでいる古い顧客をひたすら囲いこんで新しい顧客を取れないのはあなた達の実力不足と軽くあしらわれる...
私は、高校を出てから現在まで、30年近く写真館に勤務しております。でも、職場は26歳の時、一度変わっています。最初は、観光写真業務が主の会社でした。観光写真といえば、観光地、観光ホテルなどでお客さんの記念写真を撮影し、帰るまでに売りさばく、といった内容の仕事でした。私は、この仕事を、高校出てから8年間やっておりました。その間に、つくばの科学万博や、色々な地方博などにも営業参加し、また、現像焼付など...
今から5年前、世界を揺るがしたリーマンショックが起こり、これに続く世界同時株安の影響で在籍していた会社の業績が急激に悪化。このため、給料が減少して生計を維持することが困難となり退職することを余儀なくされました。転職の活動は会社を退職する直前から開始。ハローワーク・人材銀行および複数の人材紹介会社・求人サイトに登録をしました。今回の転職は4回目でしたが、年齢が40歳を超えていることと百年に一度といわ...
以前勤めていた会社を辞めたきっかけは、派遣社員と正社員のあまりにも違いすぎる待遇でした。派遣っていい意味ではお金もいいし、時間もある程度自由だけどやはり正社員には勝てません。正社員ならボーナスあったり、デバイドがあったり、評価をしてもらえたりしました。いくら働いても評価の対象にならないのが悔しくて転職しました。派遣なので当然ではありますが、納得がいきませんでした。同じ仕事量、もしくはそれ以上してい...
私は48歳で転職しました。就職氷河期と言われ、大学の新卒ですら就職が決まらないと言われている時代にかなりの年齢でしかも未経験の職種に就けるとはかなりラッキーだったと言えます。最も雇う側も未経験であることを承知で働かせてくれました。私の場合は、このような事例です。夫の故郷で暮らす夫の母が高齢になり一人でいるのが心配で私たち夫婦が夫の故郷に帰ることになりました。勿論二人とも初めての土地です。夫は生まれ...
就職活動(転職)は何度か経験しましたが、二十代ではほどんどもらえていた採用通知が、三十代ではなかなかもらえなくなりました。そんな現実に焦り、「とにかく資格を取って履歴書を賑やかにしよう!」と思い立って取得した資格が、どんな仕事をしても役に立つと思えた日商簿記2級です。生まれて初めて勉強した簿記ですが、自分には合っていたらしく、今まで漠然としていた仕事探しが、「この資格を活かしたい」という具体的なも...
私は、この世にムダな経験なんて無いと考えている人間です。同時に、何もしないことが一番に勿体ない事であるという点を、実体験で何度も思い知らされました。そんな、良くありがちな名言にピタッとハマる感じのエピソ−ドが今回の話です。私は、駅ビルの中で働いています。凄い数の御客様と関わる仕事です。現場の人間関係も、かなり良いと思います。上辺だけだとは思いますが、他の職場を知っているので、現状に十分に満足できま...
普通のお仕事よりも自給などが高くて、お酒を飲みお喋りをするだけ、というイメージが強いクラブなどのホステス業務ですが、ただそれだけでは成り立たない業界です。もちろん年齢は18歳以上からで、未経験でも雇ってもらうことはできるのですが、お客様を楽しませる会話や、お酒を飲むスピードへの配慮など、気遣いすることはたくさんあります。この業界に入ったきっかけは、お喋りがとても下手で悩んでいたことと、新しいアパー...
元々東京のコンビニのフランチャイズで店長をしていました。コンビニの店長はとてもハードな仕事で朝から晩までひっきりなしで働きます。場合によってはマル一日お店にいないといけないこともあって不規則な生活をしていました。たまの休みもお店から携帯に電話が鳴りっぱなしです。こういった生活に辟易とし、転職活動をすることになりました。偶然にも当時遠距離恋愛をしていた彼女がいました。彼女は某SNSで知り合った三重県...
今の世ではなかなか正社員として入社することは難しいようだ。でも、私の若い頃(40数年前のことだが)は大学卒業後、一旦入社すれば当然正社員になる資格ができ、それが当たり前のことだと思っていた。私は生来のんびり屋なのでどんな企業でもなんとかなるさと感じていたことと、経験していないことを何でも経験したいと言う贅沢な気持ちで毎日を過ごしていた記憶がある。当時は不景気で希望の企業に入ることは余程成績が良くな...
転職成功体験の少なさから考えても、ライターの多くは転職に失敗してのことといえそうです。やはり成功体験があるならライターなんてする必要がないということかもしれません。しぶしぶやっているということです。転職で成功したときというのは、何も小難しい求人情報を見て応募したわけではなく、どこにでもある求人情報を使って転職した場合に限ります。もはや、1次、2次、といった大企業でよくある面接選考にはそぐわないのか...
就職活動にうまくいかず、私は今人材紹介の営業サポートとしてアルバイトをしている。ここ半年間仕事のノウハウを覚え、求職者に転職先を進める先輩たちの仕事をサポートしてきたが、自分も契約上、転職する時期が迫っていた。私が勤めている会社は大手人材サービス会社の代理店だが、規模は小さく、知名度も小さい。それ故、充実した紹介先の企業が数多く存在するわけではなく、紹介できるのは零細企業か中小企業のどちらかになっ...
転職について粘り強くやって勝ち取ったという人がいるかもしれません。中にはそうした転職成功者がどこかにいるでしょう。残念なことにまだまともな転職には出くわしておらず、もはや無いと諦めています。しかし、やみくもに応募していた企業に採用されていたら、毎日その企業に出社していたかどうかです。たとえば、大手上場企業の保険会社に応募したことがありますが、このときには面接のときに20代ぐらいの男が1人で人事をし...
都会に憧れ、地元である北海道を離れ、進学・就職と全て都内を選びました。大手化粧品会社に就職が決まり、毎日が充実し自信に満ちた楽しい毎日でした。ですが、実家の都合で北海道に帰ることになったのです。悔しくて仕方ありませんでしたし、会社に未練をたっぷり残して東京を後にしました。北海道での就職活動は、なかなかやる気になれませんでしたが、無職のままでいるわけにもいきませんので、嫌々ながらも面接を受けに行って...
私は20代前半の頃、フリーターでした。なぜ無職だったと書かないかと申しますと、派遣に登録したり、単発のアルバイトに励んだり、しっかりとした就業意欲が有りました。お金を求めていたのです。やる気も漲っていました。ある程度に小遣いも巡っていましたし、納税も果たしていました。そしてきちんと、その後に転機はやって来るのです。絵に書いたようなサクセスストーリーでした。私は強運だったとも思います。神様が見ていて...
長く航空会社に整備関係で勤務していましたが、長らく不況のあおりもあって、過疎地勤務になると内示を受けた時に、凄く動揺しました。同じ様に異動になりそうな同僚は無言でした。異動にのるか辞めるか・・。でも転職なんてそんなに簡単に出来ないかもしれないし、今の時代過疎地勤務でも、仕事があるだけありがたいのに・・、とも思いました。返事は猶予期間があったので、その間に転職活動を行いました。スマホとフェイスブック...
何度か経験した転職ですが、良いことが続かないのは珍しくないですし、その分たまには良いこともあります。おそらく一般の水準よりは仕事のこだわりがあると思っているのですが、それに執着するばかりに気付いたら状況を見失っていたなんてこともあるので、ただ職人気質ならいいというものでもないようです。そんな性格が災いしてフリーランスで営業していた仕事に行き詰まり、飲食転職を試みましたが、結果としては上手くいかず、...

このページの先頭へ戻る