東京のコンビニ店長から訳あって名古屋のwebディレクターに

元々東京のコンビニのフランチャイズで店長をしていました。コンビニの店長はとてもハードな仕事で朝から晩までひっきりなしで働きます。場合によってはマル一日お店にいないといけないこともあって不規則な生活をしていました。たまの休みもお店から携帯に電話が鳴りっぱなしです。こういった生活に辟易とし、転職活動をすることになりました。

 

偶然にも当時遠距離恋愛をしていた彼女がいました。彼女は某SNSで知り合った三重県に住む子でした。当時は年齢も28歳ということもあったので、結婚の話も出ていました。その為、三重県に私が引越しをして名古屋で仕事をすることにしました。

 

東京から名古屋の転職活動はハードでした。仕事の休みをすべて面接に費やし、移動のお金もかなりの高額となりました。当時も不景気でしたから、求人募集をしている会社もそんなに多くない上に年齢も決して若くありません。ましてや特別な資格や技術がある訳でもないので、私を欲しいという会社はなかなか見つかりませんでした。

 

しかし、諦めずに仕事を探しているとwebディレクター急募!という会社を発見しました。しかも初心者歓迎とあります。クリエイティブな仕事なのに初心者歓迎に疑問でしたが、webの世界にも興味はあったので応募しました。

 

面接でちゃんと話を聞くとこの会社はホームページ制作を始めたばかりで、翌月から外部から優秀なクリエイターをヘッドハンティングするので、その人に教わりながらスキルを磨いてくれれば良いということでした。内定をもらって一度考えましたが、こういうベンチャースピリットは嫌いではないので、内定通知を頂いた上で入社することになりました。どこの会社もwebディレクターというのは経験者のみしか採用しませんので、本当にラッキーでした。


このページの先頭へ戻る