早く帰れる幸せ

私の仕事は医療事務。前職は大学病院勤務で退社できるのはだいたい8時を回っていました。朝は8時30分始業ですが、その前に朝礼をするのでだいたい12時間は職場にいることになります。人間関係も最悪で部署ごとに派閥争いのようなこともありました。休暇を取るにも取りづらい環境。その上、派遣社員だったのでお給料も安く派遣会社への不満がありずっと転職を考えていました。

 

働きながらも転職の機会を狙って何社か受けていましたが、なかなか自分が「ここで働きたい」という病院に巡る会えず、妥協もしたくないので県内で探していたのを思い切って県外に出てみたところ、縁あって現在の職場に正社員で入社することができました。

 

そこは個人経営の病院で人間関係も良く、お給料も前職の倍近く、そして退社できる時間が遅くても7時過ぎという今までにないありがたい職場です。完全週休2日ではありませんが、有給休暇も普通に取れるので不満はありません。

 

良いお給料、良い人間関係、妨害されずに休暇が取れる。これに越したことはないと思います。早く帰れるお陰で自分の趣味や資格の勉強の時間がたくさんとれるようになり、以前のように仕事だけで毎日が終わってしまう生活とはおさらばすることができました。

 

転職は何度か経験していますが、入社してみないとわらからないことだらけで、転職は一種の「ギャンブル」と言えるかもしれません。いつもなら県内で動いていたのを思い切った行動で県外に飛びだして万馬券を当てたという感覚です。妥協したくない時は思い切った行動に出るのも悪くないと実感できた転職活動でした。


このページの先頭へ戻る