人材紹介サービスを利用した後に思う転職成功について

就職活動にうまくいかず、私は今人材紹介の営業サポートとしてアルバイトをしている。ここ半年間仕事のノウハウを覚え、求職者に転職先を進める先輩たちの仕事をサポートしてきたが、自分も契約上、転職する時期が迫っていた。私が勤めている会社は大手人材サービス会社の代理店だが、規模は小さく、知名度も小さい。

 

それ故、充実した紹介先の企業が数多く存在するわけではなく、紹介できるのは零細企業か中小企業のどちらかになっている。こういう時、先輩たちは夢が大きい若者に対して、まずは小さい所から初めて、ステップアップしていくのが良いという形で進めてくる。話を聞く限り、それが一つの成功法でもあり、私が勤めている小さな企業と転職希望者が喜ぶ形にする為には、この方法が一番いいと私は思っている。

 

しかし、実際のところ、転職して1か月で辞めたいという内容が後を絶たない。人材紹介の契約においては、入社して半年以内に辞められると、紹介した側は成功報酬としてもらった額の大半を企業に返済しなければならない取り決めになっている。

 

その為、辞めるという意見は先輩たちにとっては、是が非でも食い止めたい事なのである。実際の気持ちは分からないが、その時に話す内容はあなたがやりたいと言ったから紹介したのに、時間の無駄ですよ。という形である。

 

この話を聞く限り、転職するまでのステップは充実したサポートをするが、その後は自分の力で何とかしてくださいというのが間接的な言い分である。この為、結局のところ、自分のやりたい事は人から勧められるものではなく、自分で考えて見つけていくしかないと思う。

 

もし私が今、人に企業を紹介する立場になったのであれば、まずその人がどんな事が好きなのか見つける事をし、その延長線上にある仕事を考える事をし、紹介する。そして入社後の不安を無くすため、成功例など相手の気持ちになって取り組んでいくことが重要だ。

 

このアルバイトの経験で、私は自分が人の為に行う取り組みで好きな事を重点的に考えてみた。そして仕事の効率を上げる事が好きだと思った私は、エンジニア職を希望し、真剣に悩み、かつ楽しみながら取り組む仕事を行っている。

 

確かにベテランの意見は参考になるが、その人が提案した内容に従うのではなく、自分がしたい事を具現化したものを実現していくためにはどうするべきかを相談していくことこそ、転職で成功する入口だと思います。


このページの先頭へ戻る