航空会社に整備関係からSNSのコネを使って転職できた

長く航空会社に整備関係で勤務していましたが、長らく不況のあおりもあって、過疎地勤務になると内示を受けた時に、凄く動揺しました。同じ様に異動になりそうな同僚は無言でした。

 

異動にのるか辞めるか・・。でも転職なんてそんなに簡単に出来ないかもしれないし、今の時代過疎地勤務でも、仕事があるだけありがたいのに・・、とも思いました。返事は猶予期間があったので、その間に転職活動を行いました。

 

スマホとフェイスブックが転職の必需品だと思っていたので、それらをフル活用しました。フェイスブックはコネクションリサーチの機能を使って、先輩等にあたりました。それなりの管理職に収まっている先輩も多かったので、手当たり次第、昼食に呼んで、自分の技量を説明して今後の事を頼みました。

 

そのうちに先輩から数件の引き合いと、待遇の話をもらい、そのうちの一つに内定をもらいました。航空会社には早期退職という形で退職金を多めにもらうという形で辞める事が出来、ロスなく、再就職に成功できたと思います。

 

もう少し、ゆっくりしてから再就職するのも良かったのかも?とは思いますが、このご時勢、それは贅沢な悩みかもしれません。

 

再就職先はエレベーターの保守の仕事で、培ってきたものが、全て同じ訳ではありませんが、一番気にしていた、人間関係がうまくいってると感じているし、そう待遇が激変したわけではなかったので、良かったと思います。

 

勤務時間は航空会社のときも、普通の人とはずれた生活をしていましたが、今回のエレベーターの保守も夜間の仕事ではあり、自分としては、大きな会社から中くらいの会社に移った感はありますが、納得しています。

 

成功と言えるのではないかと思います。


このページの先頭へ戻る