社員を大切にする会社に就けた

5年ほど大手企業の情報システム部門に勤めてから、転職しました。理由は、長時間残業と人間関係の風通しの悪さからでした。転職してみて、企業風土というものがあることを初めて知りました。私が最初に勤めていた会社は大企業ではありましたが、モラルが欠けているのではないかと思うことがしばしばあり、転職した会社は財閥系で、人道的で社員を大切にする会社だなと思いました。

 

私は、転職前の職場の上司から『ついてこれないやつを拾ってやる余裕はない』とはっきり宣言され、同じ質問を2度聞くことは許されないほど、ピリピリした環境で仕事してきましたが、転職した会社では、護送船団方式で、メンタル的に参ってしまった人にも救いの手を差し伸べる余裕がありました。

 

どちらの方が利益を出せるかといえば、前者だと思いますが、長い目でみた時に、自分だけよければいいという考え方だと、どこかに穴があいてしまうだろうなと思います。質問も、何度でもしてください、と言われ、心の余裕を感じました。ちょうど、新入社員が入ったときでもあったので、新入社員の手本になるように、教育してあげてほしいとまで言われ、5年働いてきたことも無駄ではなかったなと思いました。

 

辞めるということは、大変な勇気を必要としますが、自分の価値基準に合わない場合は、身体を壊すまえに、別の道を見つけることがとても大切なことだと思います。

 

いろいろなリスクがあるにせよ、こつこつ積み重ねることの出来る人ならば、転職してどんな場所で働くことになったとしても、成功できると思います。


このページの先頭へ戻る